ややハードな走りの3ドアバージョン

シトロエンDS3

クリエイティブテクノロジーというブランドスローガンのもと、斬新でダイナミックな個性を主張するシトロエンの新しいラインナップ、DSシリーズ。その第一弾として2010年に登場した3ドアハッチバックのDS3。ベーシックなシック(249万円)と、よりスポーティなスポーツシック(269万円 受注生産)をラインナップする。ボディサイズは全長3965mm×全幅1715mm×全高1455mm

シトロエンDS3

ボディとルーフ&ドアミラー、ホイール色、ダッシュボードをユーザーの好みに合わせて選択できるビークルパーソナリゼーションを採用

シトロエンDSといえば、今から半世紀も前に誕生した、今見てもキョーレツなデザインのモデルを思い出す人も多いだろう。かなり、マニアだけれど。

当時のDSは、内外装のデザインのみならず、メカニズム的にも時代の先端、というか先を行っており、今なお多くのシトロエンファンが崇拝する、言ってみればシトロエン教の大本尊である。 

C+数字のノーマルシリーズと並び立つ新シリーズをDSと呼んだわけは、そんなヘリテイジの名にあやかって、これまでとは違うということをアピールしたかったのだろう。シトロエンのスペシャリティ、というわけだ。

シトロエンDS3

シックは快適性を重視したコンフォートシート、スポーツシックはほーるど性を重視したダイナミックシートを装着。オプションでレザーシートをシックが23万円、スポーツシックが18万円で用意した

フツウの日本人にとってみれば、シトロエン自体がスペシャルだから、そのスペシャルはとんでもなくマニアックに思えるかも知れないが、実のところは数字を同じくするクルマと基本、同様のメカニズムをもっていて、さらにアヴァンギャルドなデザインと、やや特別仕立てのライドテイストに仕立てた、といった感じだろうか。

DS3(ということはDS4……も、出る)には、ちょっとBMWミニを意識したところもあって、ミニファンには方腹痛いかも知れないが、シトロエンには“こっちはオリジナルデザインで、レトロモダンなんかじゃない”という主張もあって、引き分けである。要するに、買う方の好みの問題。互いに意識することはない。

シトロエンDS3

シックは最高出力120psの1.6リッターエンジンと4ATを、スポーツシックは最高出力156psの1.6リッターターボと6MTを搭載する

C3を、ややハードにしたかなあ、という感じの走りである。基本的にはC3の3ドアバージョンと考えればいい。3ドアの不便さと引き換えに、個性的なカタチと、選ぶことが楽しい豊富なオプションを手に入れた。なかでもWEB注文限定のDS3×マヤゴノミなどは、ノーマルにはないルーフカラーが選べて、コンフィギュレーターで遊ぶだけでもとても楽しい。ステッカーは余計だけれど。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。