本当に高い!? モルディブの物価
リゾートのシステム、ランクによって出費は異なる

モルディブの物価

メインレストランのみ、三食ともビュッフェで食費込みのリゾートのツアーがいちばん出費が抑えられるでしょう

かつてモルディブのツアーは滞在中の食費が含まれた、インクルーシブなものがほとんどでした。なので、それ以外の出費といえば、アルコール類やダイビングなどのアクティビティ、チップ程度で済んでいました。けれど近年ではリゾートの多様化が進み、ゴージャスなリゾートでは食事が含まれていないもの(もしくは朝食など一部を含むもの)が、珍しくありません。現地でどのくらいの予算が必要か、心づもりが必要です。 

レストランがビュッフェか、アラカルトかで、予算が変わる

モルディブの物価

サラダ、フルーツ、前菜、メイン数品、ご飯や麺類、そしてデザートとビュッフェはもりだくさん

モルディブの滞在スタイルは1島1リゾート、ひとつの島が丸ごとリゾートになっています。つまり、リゾートの外に気軽には出られないのです。食事はリゾート内のレストランしか、選択肢がありません。そういった事情から、モルディブでの滞在費を大きく左右するのは、食費にかかっているのではないでしょうか。 

三食ビュッフェのリゾートはリーズナブル

モルディブの物価

メインレストランのほかに、雰囲気がよくて、料理も絶品のシグネチャーレストランをもつリゾートも

えてして老舗&リーズナブル系リゾートは三食ともビュッフェ形式のメインレストランのみ、ややランクが上がるとアラカルトのレストランも数軒あるというのが、昨今のモルディブリゾートの傾向のよう。

料金体系として、滞在中の食事がすべて含まれていることを「フルボード」、朝食+ランチが含まれていることを「ハーフボード」と呼びます。老舗&リーズナブル系リゾートのツアーはメインレストランにおいてのフルボードが主流で、アラカルトレストランを利用したい場合は、別途の支払いもしくは規定の追加料金を支払うシステムになっています。

フルボードのレストランの場合、支払うのは飲み物代のみ。ミネラルウォーターが3~5米ドル、ミニバーのビールが3~4米ドル、レストランでのビールなら10米ドルくらいを目安にしましょう。老舗&リーズナブル系リゾートはツアー料金がお手頃な上に食費もかからない!モルディブの美しい海を満喫したいダイバーにはおすすめのタイプでしょう。