準備を整えてから泣こう

undefined

花を買い部屋に飾ってみましょう。植物の癒しパワーは絶大です。

急に恋人の存在がなくなった生活に心がついていけないのは最初の1週間。その時期を「平気なフリ」でなんとか乗り切ることができれば、次第に「いつもの自分」が戻ってきます。
しかし周囲に心配かけたくないばかりに「平気なフリ」をいつまでも演じ続けてしまうのは少々危険です。

仮面をかぶる日々が長引くと、次第に内面との不均衡が生じてしまい、逆に心のコントロールが難しくなってしまうことも。そうならないためにも、次の週末を迎えたところで一区切りすることが大事なのです。

ひとりの休日。もう恋人とのデートに時間を取られることもありません。丸ごとあなたが自由に使っていいのです。笑って過ごそうと泣いて過ごそうと、誰も止める人はいません。
ここまでぐっとこらえてきた自分を誉めて、存分に癒してあげましょう。

■バスタオルとノートを準備して、思い切り泣こう
翌日に目が腫れてもいい週末の夜、万全の体勢を整えてから思いきり泣きましょう。どれほど悲しいか、どんなに傷ついたか、何を後悔しているか、泣きながら「今」感じていることを、きちんとノートに書き留めておきましょう。自分の感情と向き合ううちに、いつしか涙は枯れてくるはず。

失恋は、一生のうち何度も味わうものではありません。人生における最大の哀しみならばなおのこと、存分に浸っておきましょう。

■全身たっぷり磨いてほぐそう
ひとしきり泣いた後は、体を癒してあげましょう。
バスルームにお湯を張り、極上の入浴剤を入れてゆったりと浸かりながらマッサージ。髪も体もいつもより丁寧に洗い全身さっぱりすれば、気分もスッキリします。

時間と予算が許すならば、エステやヒーリングなどのサロンで「プロの癒し」を。人の手に触れられる施術は、体だけでなく心までほぐれます。

■“自分へのご褒美”における注意点
いつもより少し贅沢をすることは、がんばった自分へのご褒美みたいなもの。落ち込んでいる自分を励ますための「癒し」は、生きたお金の使い方です。

ただし、いくら自分へのご褒美であっても、洋服やバッグなどを買うのはちょっと待って。形に残る物をこのタイミングで買ってしまうと、今後それを使うたびに失恋を思い出すトリガーとなってしまい、なかなか立ち直れなくなってしまいます。癒しのための贅沢は、食事やサロンのような「消えモノ」に限定しましょう。


<こちらもどうぞ>
「距離を置く」は別れのサイン?
うまくいかないこの恋、諦めたほうがいい?

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。