undefined

ホテルに泊まるのもお勧め。想い出の残る部屋を一時的に離れるのは、落ち込み解消の糸口になります。

■歯を食いしばって仕事をしよう
仕事できる気分じゃなくても、心を無にして出社しましょう。
「こんな顔で出社したら、皆になんて思われるか……」泣き腫らしたまぶたを気にするくらい余裕があるなら大丈夫。目の腫れは冷水でパッティングすれば多少治まります。いつもより早起きして、時間に余裕を持って支度して。

失恋のショックが増大するのは、恋人との想い出が残ったままの部屋にひとりでいること。外へ出て世間の目を意識したほうが、より早く平静さを取り戻せます。
社内恋愛の場合、別れた恋人と会いたくないのはお互い様。だけど避けていたらますます気まずくなってしまいます。もしも相手が態度を変えようと、あなたは毅然としたまま接して。いつも以上に張り切って仕事をすればいいのです。

■ヤケ酒や憂さ晴らしはもう少し待って
失恋後1週間くらいは、自分で思っている以上に気持ちが張り詰めているもの。いくら別れた恋人のことを忘れるためでも、まだ憂さ晴らしに遊ぶのは自粛して。
お酒の力を借りるのは最も危険。弱った心では自制がきかなくなり、アルコール依存へと進んでしまうかもしれません。

ナーバスな精神状態のときは、いつも通りの日常を送るだけできっと疲れているはず。仕事が終わったら早めに帰宅して、自分をいたわる時間を持ちましょう。具体的な過ごし方は後述。

■いつもよりいいものを口にしよう
落ち込んだ気分を幸せに変える一番お手軽な方法は、美味しいものを食べること。とはいえ失恋を言い訳にヤケ食いするのはNGです。
朝食に美味しいフルーツを用意する。奮発してホテルのランチに行く。自分のためにごちそうを作る。量を増やすのではなく質をランクアップするのです。

1週間だけと期限を決め、その間はちょっとだけ贅沢しましょう。ひとつの恋が終わるまでがんばった自分へのご褒美です。