AMGの宿願、オリジナルスポーツカー

メルセデス・ベンツSLS AMG

2010年6月に日本でも正式発表された、AMG初の自社開発スポーツモデル。300SLのデザインアイコンであるガルウイングとロングノーズ&ショートデッキをもつ。サイズは全長4640mm×全幅1940mm×全高1265mm、車両重量は1710kg。価格は2430万円となる

メルセデス・ベンツSLS AMG

低重心化されたエンジンはフロントアクスル後方に、ミッションはリアアクスルに配置。前後重量配分を47:53とした。ガルウイングドアは70度の開放角度をもち、開放時には地面とドア下の間は1500mmを確保している

石原裕次郎や力道山で有名な300SLクーペ(ガルウィング)を、スーパーカーの元祖だと言うマニアは多い。何度も試乗したことがあるけれど、確かに'50年代半ばにおいて、あのスタイル、あの性能を既に実現していたとは、“スーパー”なことだ。正に世界最高峰にあった。ちなみに当時、その値段を出せば世田谷で家が3軒建ったという。

AMGメルセデスの宿願は、オリジナルスポーツカーを作り上げることだった。メルセデス・ベンツをベースにレースや高性能車で数々の歴史と栄光を刻んで来たブランドにとって、それは当然の願いである。まずは完全オリジナル設計のV8エンジンを完成させ、次いで、全てを専用設計としたオリジナルスポーツカーを誕生させるに至る。それがこのSLS AMGである。

メルセデス・ベンツSLS AMG

航空機のコクピットをイメージした室内空間。バックレストに軽量で高強度なマグネシウムを用いた、ヘッドレスト一体型スポーツシートを備える

アルミスペースフレーム構造のフロントミドに6.2リッターV8エンジンを積む。そのパッケージはひとつのシルエットを浮き上がらせた。それが伝説の300SLガルウィング。かくしてSLS AMGは、世界中のスポーツカーファンの憧れ300SLガルウィングのオマージュとしても讃えられるスタイリングをまとうことになる。

とにかく、ドアを開けたくなるクルマである。その瞬間、まわりの全ての視線が集中し、そして笑顔になる。フェラーリやランボルギーニを見る目とは、また違う、どこか暖かい視線。ガル=カモメの可愛いイメージがあるからだろうか……。

メルセデス・ベンツSLS AMG

AMG独自開発の6.2リッターV8エンジンに、吸排気系を中心に120カ所以上の改良を加えた。最高出力571ps/最大トルク650Nmを発生し、パワーウェイトレシオは2.84kg/psを達成する。0-100km/h加速は3.8秒

走りの方はといえば、スパルタンのひと言。乗り心地はハードで、所作のすべてがクラシックなFRスポーツカーである。もちろん、パフォーマンスは最新かつ一級。デートにも使えるが、乗り心地の悪さに耐え、かつガルウィングの派手さに勝る華やかなパートナーでないと無理だろう。

スーパーカー好きのデイリーカーとしてもオススメする。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。