「口紅はわき役ではない」を実感 

口紅はアイシャドウと同じくらい重要。(写真はコフレドールではありません)

口紅はアイシャドウと同じくらい重要。(写真はコフレドールではありません)

先日、友人が口紅を買った話をしてくれました。正直、私個人としては、口紅はなんとなく重要視してない感じなので、「ふ~ん」くらいに聞いていたのですが、ポイントメイクというカテゴリでは絶対にはずせないアイテムであることは間違いありません。事実、口紅をつけた場合とつけない場合では、顔の明るさも違ってくるし、場合によってはセクシーさも倍増。

ただ、これまでメイクというと、アイメイクの方が重視されてきたような印象を持っています。アイシャドウとかマスカラとか、とにかく目(目元)をきれいに見せるために女性たちは時間とお金を使っていたように思うわけで、たぶん私も例外ではない。

今回友人が買った口紅は、カネボウ化粧品コフレドールから出ている「エッセンスステイルージュ」です。口紅と言っていたから、普通にグルッとまわして出すタイプなんだろうなと思っていたら、違いました。グロスのようにスティックで付けるタイプ。なんとも、昔ながらの固定観念に自分でも少々驚きましたけど。しかも、ちょっと小さめで、かわいい。

500円の差はけっこう大きい? 

この口紅の値段は、2,620円。多くのブランドでは3,150円程度で販売しているので、それと比べると500円程度安いことになります。色は12色展開。高密度のオイルを配合しているので、つやがきれいに出る優れモノなんだそうです。

コフレドールのターゲット層は20代~30代なので、積極的に情報をとりにいく世代だと思います。美容にも興味があって雑誌も読むだろうし、ネットを使ってどんどん情報をゲットしていくことが可能だし、それに労力を使える年代ともいえるので、商品がよければ口こみだけではなくて、ブログやツイッターなどを使って情報を発信してくれるわけです。