「天頂」に輝く星のように

ゼニス

1865年の創業からわずか10年で大工場へと発展し、ル・ロックルの象徴になった

ゼニスは、1865年に青年実業家ジョルジュ・ファーブル=ジャコがスイスのル・ロックルに創業。機械化による近代的な製造システムを導入して、手頃価格の高品質時計を量産したゼニスは、創業からわずか10年で1000人を雇用する大工場へと発展した。当時のル・ロックルでは成年労働者の3人に1人がゼニスで働いていたという。ゼニスの時計はやがて、国内外の博覧会で受賞したり、天文台コンクールで1500もの受賞を重ねるなどして、名声を確立する。

「ゼニス(Zenith)」とは、天頂を意味する言葉で、これはもともと1900年に発表された新型ムーブメントに付けられた名称である。まさに天頂に輝く星にもたとえられる至高のムーブメントの誕生である。このムーブメントは同年のパリ万国博覧会で金賞を受賞する。1911年、創業者ファーブル=ジャコの引退を機に、社名も新たにゼニスへと改められた。

戦前のゼニスは、一般の時計のみならず、海洋や航空、鉄道の分野で用いられる精密時計の製作でも高い評価を受けた。昭和初期に日本の国鉄もゼニスの鉄道時計を正式採用した。ちなみに大正時代に日本に輸入された頃は、フランス語読みの「ゼニット」の名で親しまれていた。


次のページでは自動巻きクロノグラフの人気モデルを紹介する。