iPhoneを水没させてしまったら?

持ち始めると生活には欠かせなくなるiPhone。あらゆるところに持ち歩く中で、洗面台やトイレに落としてしまうこともあるだろう。「洗濯物と一緒に洗ってしまった」という話もよく聞く。電子機器を水に落としてしまった時、ほとんどの場合は壊れてしまう。しかし、場合によっては見事に復活することもあるのだ。


まずは電源を落とそう

iPhoneを水に落としたら、素速く本体上部の電源ボタンを長押しし、電源を切る

iPhoneを水に落としたら、素速く本体上部の電源ボタンを長押しし、電源を切る

もし、iPhoneを水に落としてしまったときは、まずは慌てずに電源を落とそう。本体上部の電源ボタンを長押しすれば、電源が切れる。真水であればそのまま乾燥するのを待つ。洗濯水などに落としてしまったときは、まずは水で洗うことが肝心だ。

 
次にイヤホンジャックやコネクタ部分などに侵入した水をティッシュなどできっちりと吸いとっておこう。

さらに欠かせないのが、まずは本体全体をきっちりと乾燥させること。「シリカゲルといった乾燥剤とiPhoneを一緒にジップロックにいれておく」のもいいかも知れない。乾燥させたあとに電源をいれれば、見事に復活することもあり得るのだ。

一番やってはいけないのが、まだ乾いていない状態で電源を入れてしまうということ。濡れた基板に電流が流れると、それだけで壊れてしまう。とにかくきっちりと乾燥させることが大事なのだ。

数日間、乾燥させたら、電源を入れてみよう。これで使える可能性がないことはない。もし、電源が入らないようであれば、諦めてアップルストアなどに行くといい。

水没をさせて壊してしまうと、内部に保存してあるデータを復活させることは困難だったりもする。その時に備えて、こまめにiTunesと同期してバックアップしておくのが良いだろう。数日間に1回は、パソコンと接続して充電しつつ、同期するというのがオススメだ。

データが消えてしまっていたり、動作がおかしいようであれば、「iPhoneが故障かな、と思ったらやるべきこと」で紹介した方法で、復元を試してみよう。


【関連サイト】
iTunes:iPhone、iPad、または iPod touch ソフトウェアのバックアップ、アップデート、および復元
iPad、iPhone、または iPod touch を iTunes と同期する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。