iPhoneが故障したかな、と思ったら

iPhoneがうまく動かず、「フリーズしてしまう」、「文字の入力がもたもたする」「アプリがちゃんと起動しない」といった「故障かな?」と思うことがあるかも知れない。そんな時にはいくつかの対策があるので試してみるといいだろう。


再起動、リセット、復元の順でやってみよう

本体上部の電源ボタンを長押しすれば再起動できる

本体上部の電源ボタンを長押しすれば再起動できる

まず、やるべきなのが「再起動」だ。パソコンと一緒で再起動をしてみると、アプリの不安定な起動などは解消することが多い。本体上部の電源ボタンを長押しし、電源を切って、改めて電源を入れてみよう。

 

画面下にあるホームボタンと、電源ボタンを同時に長押しで、iPhoneをリセットできる

画面下にあるホームボタンと、電源ボタンを同時に長押しで、iPhoneをリセットできる

つぎに試すのが「リセット」。画面下にあるホームボタンと、電源ボタンを同時に長押しつづける(電源をオフにするメニューが出ても長押しし続ける)とAppleロゴが表示され、リセットがかかる。しばらく待つと、再起動が始まる。多くの場合、リセットをすれば復活する事が多い。


 
それでも「動作が不安定。故障しているのかも……」と思うなら最終手段。iPhoneを購入時の状態に戻してしまうことが可能だ。

iPhoneをパソコンと接続してiTunesを起動。サイドバーからデバイスを選ぶと、アップデートファイルと「復元」を選ぶ項目がある。この「復元」を選ぶと、iPhoneを初期状態に戻してくれるのだ。

この画面で「復元」を選ぶ。OSのバージョンが最新の場合は「更新」ボタンが「アップデートを確認」ボタンに変わる

この画面で「復元」を選ぶ。OSのバージョンが最新の場合は「更新」ボタンが「アップデートを確認」ボタンに変わる



「復元」を行えば、データなどきれいサッパリとなるが、設定などは再び行わなくてはならないこともあるので、覚悟して行うのがいいだろう。

復元処理が終わったら、バックアップデータを使ってデータをバックアップ時まで戻すか、まっさらな状態で使うかを選ぶ。

以上の3つの手段を試してみても、調子が悪いようならば、アップルストアなどに駆け込もう。


【関連サイト】
iTunes:iPhone、iPad、または iPod touch ソフトウェアのバックアップ、アップデート、および復元



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。