「妻の8割がバレンタインデーに行っていること」とは?

それは、夫にプレゼントを贈ること。女性向けサイト「東京バーゲンマニア」が30~40代の既婚女性を対象に行ったアンケート調査によると、バレンタインデーには「夫にプレゼントを贈る」と回答した人は82.7%にものぼったそうです。贈り物の内容は定番の「チョコレート」が半数超の58%。チョコレート以外の物を贈ったり、チョコレートとその他のプレゼントを組み合わせる、と言う人も25%いました。


以前、「夫の51%は妻のチョコを義理チョコと思っている」というアンケート結果をご紹介しましたが、オフィスで義理チョコさえももらえなかった旦那様にとって、妻からのチョコレートのはかなり身にしみるプレゼントになるはず。友チョコブームだからこそ、旦那様へしっかりチョコを渡しておく。これこそ賢い妻の夫婦仲向上のコツと言えそうです。

実は夫婦仲維持にとって、このようなイベントごとをキチンと楽しむ事は、とても大切な要素です。普段出不精な旦那様も、きっかけがあれば重い腰を上げるかもしれません。マンネリがちな日常に、刺激を与えてくれるこのような機会を活用し、上手な思い出づくりをしましょう。

ドレスアップして一緒にどこかに出かける機会にするもよし、普段のパパママモードを脱して、おうちでセクシーな一晩を過ごすのもよし、また、普段なかなか口にできない感謝の言葉を伝える機会にしてもいいでしょう。普段「空気のような存在」「単なる同居人」というご夫婦であればあるほど、ゆるみきった夫婦仲の「引き締め」に活用してください。
 

イエナカでのおすすめバレンタインは「チョコフォンデュ」

チョコレートの原料、カカオに含まれるフェニルエチルアミンという成分は脳内でドーパミンの放出を促します。このドーパミンは、恋愛ホルモンとしても有名。脳内で作られ、快感や意欲、感動をもたらす物質で、恋をして、胸がときめいた時にも作られるといわれています。つまり、チョコの成分は気持ちを高め、恋愛モードにしてくれる効果があるのです。

そこで、おうちでチョコを楽しむなら、ちょっとスペシャル感のあるチョコフォンデュがおすすめ。最近はチョコ・お鍋・固形燃料などがセットになったものもありますので、手軽に作れます。鍋に入れる生クリームにプラスしてブランデーも加えれば、大人モードのチョコフォンデュに。香りも良く、ロマンチックな雰囲気が盛り上がることうけあいです。熱いチョコレートと一緒に夫婦のとろける夜をお過ごしくださいね。
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。