長期保有で毎日スワップポイント収入を得る

FXの長期投資で利益を得る代表的な方法は、2通貨の金利差によって生じるスワップポイント収入を狙う方法。
この投資方法で一番重要なのは通貨選びです。通貨を選ぶ基準は、やはり通貨の金利差、つまり高金利通貨と低金利通貨の組み合わせで考えること。
2010年12月時点で日本は超低金利(0.1%)のため、円のような低金利通貨と高金利通貨を組み合わせることになりますが、長期間安定して保有するのが前提ですので、相場下落によるロスカットが生じるような不安定な通貨ではなく、安定した相場を形成している通貨を選ぶのが重要です。
undefined

 

円を売って、相対的に金利が高い通貨を買えば、その買いポジションを持ち続けることで、毎日、スワップポイントが獲得できることになります。逆に、売りポジションを保有する場合はスワップポイントを支払うことになるので、必ず買いポジションの保有でトレードします。ただし、その国の政策金利がずっと高金利であるとは限らず、また、スワップポイントは日々変動するため、常に一定の収入があるというわけではありません。FX取扱会社によっても異なるため、こまめにチェックした方がよいでしょう。

ただ、長期保有であればあるほど、スワップポイントのメリットは大きくなります。
スワップポイントでの利益が毎年安定的に入るので、持ち続けるのが長期投資の鉄則ではありますが、何らかの要因で為替相場が大きく上昇するような局面があれば、そこで一旦売って、売却益を確保するということも視野に入れておきましょう。
そういう場合には、全てを売却するのではなく、一部のみポジションを売らずに保有しておくという手法もあります。なぜなら、もし自分が売った後でさらに相場が上昇しても、残りのポジションでも売却益を狙うことができるので、そうした場合に感じる悔しい思いが軽減されるのです。