FX・外国為替証拠金取引

ボーナスで2万円からFXにチャレンジしてみませんか?

いよいよボーナス。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの「2012年夏のボーナス見通し」によると、パートタイマーも含む民間企業の1人当たり平均支給額は36万1000円で、2年連続の減少です。この中から、ローンやレジャー代金等を捻出し、余ったお金を貯蓄に回すわけですが、ご存じのように今は超低金利。預貯金ではなかなかお金を増やすことはできません。そこで、少しの余裕資金でFXにチャレンジしてみませんか。

内田 まさみ

執筆者:内田 まさみ

FXガイド

  • Comment Page Icon

私もFXを2万円でスタートしました!

私がFXを始めたのは、あるFX会社が行った「為替レンジ予想」でたまたま予想が当たり、2万円の賞金をいただいたことがきっかけでした。それをFXの証拠金にあて、果たしてどこまで増やすことができるか? というチャレンジがきっかけ。かれこれ半年になります。
FXを2万円でスタートしてお小遣い稼ぎにトライしてみませんか?

FXを少額でスタートしてお小遣い稼ぎにトライしてみませんか?


一時は含み損を考慮すると、2万円の証拠金が5000円まで減ってしまったこともありましたが、今は何とか盛り返してきて、評価額で12万円くらいになっています。あくまでも平均の話ですが、2万円の元手を半年間で12万円にしたわけですから、月平均で1万6000円程度の為替差益を獲得してきたことになります。どうです? ちょっとしたお小遣いになると思いませんか。

初めてFXにチャレンジしようとしている方には、少額から始めることをオススメします。株式投資と同様、為替取引も損をするリスクが常にありますから、何よりも大事なのはリスクマネジメントです。もちろん、ある程度の経験者になると、損切りの技術を学んで、より高度なリスクマネジメントが出来るようになりますが、初心者のうちはまだ無理です。私もそうでした。

そこで、最初から100万円、200万円というような高額の証拠金を預けるのではなく2万円程度に限定してしまうのです。そうすれば、ストップロスがついて強制退場させられたとしても、損失額が2万円を超えるようなことにはなりません。まずは肩慣らしの気持ちで、少額資金からFXの取引を始めてみてはどうでしょうか。
  

少額資金でも真剣に取引する気持ちが大事

「あまり少額資金だと真剣味が出てこない」という方もいらっしゃると思います。でも、真剣にトレードしてみて下さい。いつか、2万円の証拠金ではなく200万円、あるいは2000万円という証拠金で相場を張る時が来るかも知れないのです。そうなることを目指してトレードするべきだと思います。もちろん、私もそれを目標としています。

デモトレードで取引に慣れてみるという手もありますが、この場合も、実際にリアルマネーで取引しているというイメージを描いて取引することが大切です。往々にしてデモトレードだと、リアルマネーでは出来ないような、たとえばボラティリティの高い通貨でフルレバレッジをかけるといった極端なポジションを持つ方がいらっしゃいます。

でも、自分のお金で取引すると、なかなかこの手のポジションは持てないものです。出来ないことをデモトレードでやっても、練習にはなりません。私も時々、番組の関係で、デモトレードのダービーに参加していますが、リアルマネーで取引しているのと同じように、真剣に取り組むようにしています。ちなみに、今の私のリアルマネーのポジションは、レバレッジ10倍程度で、ユーロ売り・円買いをしています。
ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね!
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます