その他のコミュニケーションテクニック 

二人の勤務時間帯が違って、一緒に食事をとるのが難しい場合、工夫したいのは声かけ。片方が寝ているうちや不在の間に自分が出かけるときには、ひと言メモを残していきましょう。連絡用のホワイトボードなどをリビングや玄関の目につくところにかけておくと、さっとメッセージを書くことができます。

最近はかわいいデザインの付箋などもいろいろ売っていますので、そのようなものを活用しても、楽しい雰囲気になります。さらに、録音したメッセージをアラーム音代わりに使える目覚まし時計やICレコーダーなどを使って、声のメッセージを残しておくのも素敵です。たとえ短くても「お疲れ様」「おかえりなさい」「行ってきます」「気をつけてね」こんな一言が夫婦の絆を確認できる機会になるはずです。
 

想いが伝わる、返事がしたくなるメールのコツ 

リアルコミュニケーションを補うのが、電子ツールなどを使ったバーチャルコミュニケーション。電話はもちろん、携帯やPCのメール、ツイッター、スカイプなどのツールでも夫婦のコミュニケーションは可能です。これらの電子ツールでコミュニケーションをする時のコツは事務的になり過ぎないようにすること。「今から会社を出ます。夕飯はいりません」こんな無味乾燥な事務連絡では、読む方も楽しくありませんし、返事も「了解」など、そっけないものになりがちです。

ひと言でもいいので、自分の状態や想いをぜひ添えましょう。「今から会社を出ます。夕飯はいりません」に添えて、「今日は得意先にクレーム処理に行って疲れたー(>_<)」「さっき、部長に褒められた(^^)」など、その日のトピックスを伝えてもいいですし、「きれいな満月が見えるよ」「駅前にイケてるレストラン発見!」など、周囲の状況でもいいです。あるいは「○○ちゃんも仕事お疲れ様~」「残業頑張ってね」「暖かくして先に寝てて」など、相手を思いやる言葉があれば、もっと素敵です。書き手の想いが伝わるだけでなく、もらった相手も思わず返事を返したくなります。

事務連絡に何かプラスアルファを加えるようにすると、コミュニケーションはぐっと深まります。また、相手の返事を強いるような内容でなく、返事が来なくても大丈夫な内容にしておくなど、受け取り手への配慮も忘れずに。

ほんの10分のコミュニケーションがあるだけで、夫婦の絆はぐっと深まります。「忙しい」を逃げ道にせず、パートナーを大切に思う気持ちをしっかり伝えあってくださいね。二松新刊、『夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣』(講談社+α新書)も参考にしてみてください。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。