良いこと尽くめの電動付き自転車ですが、もちろんデメリットもあります。日常的な使い方で考えうる、デメリットについて解説します。

 


重量がある

子どもを乗せるために頑丈にできているため、そもそも重量がある子供乗せ自転車ですが、電動付きモデルはさらに重量がかさみます。その差は約5kg前後で、電動付きモデルのほとんどは30kg程度の重量があります。バッテリーや駆動部のことを考えると、この差はなんとも埋めがたいものです。

とはいえ、実は軽快車においては「漕ぎが重い」と感じるのは自転車そのものの重量ではなく、フレームの強度や全体的な設計によるところが大きく、フレームが捻じ曲がったり、ペダルを漕ぐ力が効率的にタイヤへ伝わらないことなどで「漕ぎが重い」と感じるのです。よくよく考えてみると、自転車そのものを持ち上げたり引きずったり(タイヤを転がさずに)という機会はめったにないと思います。あるとすれば、マンションなどの立体駐輪場で上段に収納する必要がある、もしくは鍵やホイールが壊れている状態で自転車店に持っていく……というときくらいでしょうか。バッテリーの充電が切れた場合でも、多少ペダルは重くなるものの普通に漕げますし、1回の充電で20km以上走行できるため充電忘れがなければほぼ大丈夫でしょう。

また、電動アシスト機能付きモデルはバッテリーや駆動部を考慮して設計していますから、「重量があるためにふらつくのでは?」という心配もありません。


バッテリーの維持費がかかる

消耗品とはいえ、意外に高価なバッテリー

消耗品とはいえ、意外に高価なバッテリー

電動付きモデルの場合、バッテリーの充電にはもちろん電気代がかかります。充電1回あたりの電気代の目安は約10円ですから、それほど大きな負担ではないと思います。ただ、バッテリーも消耗品のひとつ。毎日のように電池残量0の状態からフル充電を繰り返すようなハードな使い方をしている場合、バッテリーの減りが早くなり、1年ほどでバッテリーを買い換えなくてはならないこともあり得ます。バッテリーを単体で購入すると2~4万円程度しますから、使用状況によっては大きな出費となる可能性があります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。