顧客資金は万一の場合でも返金される

http://allabout.co.jp/gm/gc/374168/

最近は信用できるところが多くなりましたが、FX会社選びは慎重に

FXでの取引相手はFX会社になります。株式のように、証券会社を通じて公設の株式市場で売買するのとは仕組みが根本的に違います。FX取引をする際には、担保として証拠金をFX会社に預けることになりますので、どのFX会社と取引するかは重要な意味を持ちます。

過去には、FX会社の破綻によって証拠金が戻らなくなったケースがありました。2008年にFX会社の破綻が相次ぎ、投資家の資金が戻らないなど被害が続出したというニュースを耳にしたこともあるのではないでしょうか。

かつてあったこれらFX会社の破綻では、FX会社による資金流用やカバー取引、業者の自己売買の損失により、顧客の証拠金が消失するなど、顧客資金の区分管理(顧客資金と会社資金を区別して管理すること)が適切に行われていないケースが見られましたが、そうした事態を受けて、2010年2月以降、全てのFX会社は顧客から預かった資金の全額を信託保全することが、金融庁によって義務づけられるようになりました。信託保全とは、顧客資金を信託会社(信託業務を含む金融機関や取引所など)に金銭で信託する区分管理方法のこと。

現在では基本的に顧客資金の全額は信託保全されているので、FX会社が万一破綻したとしても、信託会社等から資金の返金を受けることができます。もし、顧客資金の管理方法が全額信託保全でない場合は、注意が必要です。

尚、FX会社によって信託先の金融機関は様々です。メガバンクや大手信託銀行が一般的ですが、外資系金融機関等、馴染みのない会社という場合もあります。信託先の会社情報や信用情報も合わせて調べておくと安心です。