暖かくて、さらにはお得! 冬の沖縄の楽しみ方

image_hokkori

ココロにも効く、ほっこり冬の沖縄!


今やすっかり全国区でお馴染みとなった「冬のほっこり沖縄」。イメージどおり、本土に比べるとずっと南に位置する沖縄は冬でもずいぶんと暖かく、春の訪れ(ほとんど春を飛び越して夏という感じもありますが)も格段に早いのは事実。そして、夏のトップシーズンに比べると飛行機もホテルも旅行代金がぐんと安くなるので、とってもお得に旅ができる季節でもあります。冬の沖縄旅行ももはや国内旅行のディスティネーションとしては定番ですよね。

サトウキビのハナ

冬の時期にだけ見ることのできるサトウキビの花


とは言うものの、実際のところ冬の時期の沖縄ってどうなの? 暖かいと言いますがホントのところはどのくらい暖かいわけ? と、色々とつっこんだ疑問が頭の中に浮かんでいる人も少なくないでしょう。今回はそんな冬の沖縄って? の疑問にお答えするべく、冬の沖縄についてのアレコレをお話したいと思います。おすすめの楽しみ方もご紹介します。



冬の沖縄の気候・気温

カナイビーチ

冬と言えども、晴れればこのとおり青い海を満喫できます!

まず皆さんが一番知りたいところは、ズバリ冬の沖縄って一体どのくらい暖かいの?ではないでしょうか。沖縄の冬とは一般的に12月~3月のことを指し、12月の平均気温は19度、2月の一番寒い時期でも17度はあります。数字的に見てみれば、かなり暖かい印象。晴れてお天気のいい日の沖縄は、冬だろうとまるで初夏のような陽射しが照りつけることも珍しくありません。車の中は暑くてクーラーをつけたくなるし、思わず上着を脱ぎ捨ててTシャツ一枚で平気なことも。

と言っても基本的に冬の沖縄の天候は曇りや雨の日が多く、どんよりとした鈍色の空に覆われています。そして、この時期の沖縄の気候の特徴は、なんといっても北東の風。海から吹き付けるこの北東の風が実際よりも体感温度をぐんと寒く感じさせるのです。沖縄で冬に暖房をつけたくなるほど寒い日は一冬に数日間と言われているので、本土の冬の寒さと比べればもちろん格段に暖かいことは間違いないのですが、想像するよりもずっと悪天候時の沖縄は体感温度が低いという認識が必要です。まあ、沖縄と言っても赤道直下の常夏の島ではないので、ちゃんと冬の季節がある、というふうに理解すればよいのではないでしょうか?

ハイビスカス

雨が降って肌寒い冬の沖縄でも、咲いている花はやっぱり南国というのが嬉しい!


近年異常気象が騒がれるのは沖縄も同じで、2月なのに海に入れるほど暖かい(暑い?)日が続く年があったかと思えば、まだ12月なのに暖房をつけたくなるほど冷え込む日があったりと、これまでのパターンとは異なる天候になることも多いようです。こうなると旅行者にとっては、滞在中の天気はある意味、運によるところが大きいかもしれません。

bisan

晴れていればこの通り、夕方になってもビーサンで大丈夫♪


ガイドの経験から言えることは、冬の沖縄は晴れて天気がよければ日中はTシャツでOK。逆に雨で天気が悪い時には、しっかりとした冬の上着が必要です。ちなみにガイドはかなりの寒がりなので、東京から着ていったコートをそのまま着用。暑くなった時のことも考え、ウールのコートではなくダウンや中綿の入ったモッズコートのような上着がおすすめです。寒さには強いという男性の方なども、風が強い沖縄ではセーターだけでは寒いので、ウィンドブレーカーなどある程度風を通さない素材の上着を用意したほうがいいでしょう。そして、お天気の沖縄にも備えてTシャツもお忘れなく! 荷物になるものではないので、ビーサンも一応用意していきましょう。急に暑くなると足だけでも海に浸かりたくなるので、裾をまくることができるパンツをセレクトしておくとなおいいかもしれません。そして、折りたたみ傘は必須アイテムです。
次ページから、冬の沖縄の楽しみ方をお知らせします。