Step4.メンテナンス&コストチェック!

メンテナンス

除湿機は、その効果がタンクに溜まった“水”によりハッキリと目に見えるため、とても満足感の高い【家電】です。しかし、その貯まった“水”は捨てなくてはなりません。毎日のことになりますので、使い勝手とメンテナンスについては、充分確認しておきたいポイントです。

□ タンクや本体のサイズは?
タンク容量が大きいほど水捨て回数も減り、メンテナンスが楽になりますが、その分本体のサイズも大きくなります。置くスペースや持ち運びも考慮して選びましょう。

□ タンクは外しやすく取り付けやすいか?
タンクの水捨ては日々しなくてはなりませんので、取り外しのしやすさ、持ち運びやすさなどは重要なチェックポイント。また、タンクの洗いやすさなども合わせて確認したいですね。販売店でタンクの取り外しを試してみる事をおすすめします。

□ その他のメンテナンスは?
除湿器により、除菌・空気清浄機能などがあるものもあります。そのため、機種により必要となるフィルターや付属部品のメンテナンスは異なります。購入前に必ずチェックしておきましょう。


ランニングコスト

電気代
Step1で説明したとおり、コンプレッサー方式の方がデシカント方式より省電力となっています。電気代という点だけで比較すれば、コンプレッサー方式が低コストとなります。長時間使用でランニングコストが気になる場合は、参考にして下さい。

メンテナンスコスト
除湿器には大半「エアフィルター」がついています。市場販売価格は、概ね1,000円~1,500円程度と比較的安価です。また、空気清浄用フィルターなどをプラスアルファする場合もありますので、交換フィルターの種類・交換の目安期間・価格をチェックしておくことをおすすめします。

* * * * *

除湿機を選ぶ際は、「除湿方式をどれにするか」が一番のポイントとなります。それぞれの特徴と自分の使い方をすり合わせて、ベストな選択をして下さい。しかし!新方式の「ハイブリット方式」が登場した今、「一年中使いたい」という人は、少々値は張りますが、この「ハイブリット方式」が一番おすすめかもしれませんね。


【参考INDEX】
 除湿機
 各メーカーの除湿機ページへリンク。ラインナップいろいろです。
 家電の選び方・ガイド【記事】
 家電製品についての基礎的な商品知識と、その選び方のポイントについてのガイド【記事】いろいろです。ご一読下さい



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。