パソコンの動作が急に遅くなって「トラブル発生?」と慌てて調べてみると、自動更新プログラムの実行中だった… という経験をしたことはありませんか? 長年にわたってWindowsを安心して使うためには「Windows Update」の理解が必要です。今回は、Windows Updateについて解説します。

Windows Updateってなに?

Windows Updateは、セキュリティの強化やパフォーマンスを向上させるための更新プログラムをインターネット経由で取得しインストールします。重要なセキュリティプログラムが含まれているため、自動更新が推奨されています。Windowsの自動更新が有効になっているかは、次の操作で確認してください。

Windows Updateの自動更新を設定する

まず、[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]→[Windows Update]をクリックします。
 

 

[Windows Update]をクリックすると、以下のダイアログボックスが表示されますので、[設定の変更]をクリックします。

 

 

[設定の変更]をクリックすると、以下のダイアログボックスが表示されますので、[更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)]ボタンおよび[推奨される更新プログラムについてもダウンロード、インストール、および通知する]ボタンがオンになっていることを確認します。

 

 

確認が終了したら[OK]ボタンをクリックします。設定を変更した場合は、[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示されますので、[続行]ボタンをクリックします。

設定が完了すると、これからは自動でアップデートの準備がされるようになります。その結果、Windowsを終了させようとすると、[電源]ボタンに盾のアイコンが表示されている場合があります。

これは、Windowsをアップデートする更新プログラムが用意されていて、インストールする準備が整ったことを意味しています。[電源ボタン]をクリックすると更新プログラムが自動的にインストールされます。

 

 

 

更新プログラムを手動でインストールする

Windowsを再インストールしてすぐに更新プログラムもインストールしたい場合は、手動で利用可能な更新プログラムをインストールできます。まず、[Windows Update]ダイアログボックスの[利用可能な更新プログラムを表示します]をクリックします。

 

 

[利用可能な更新プログラムを表示します]をクリックすると、以下の画面が表示されますので、インストールしたい更新プログラムを選択してから[インストール]ボタンをクリックします。

 

 

Windows XPでの手順

    ■Windows Updateの自動更新を設定
  1. [コントロール パネル]を開く。
  2. [パフォマンスとメンテメンテナンス]をクリックする。
  3. [システム]をクリックする。
  4. [自動更新]タブにある[自動(推奨)]をオンにする。
  5. [OK]ボタンをクリックする。

    ■更新プログラムを手動でインストール
  1. [スタート]ボタンをクリック
  2. [すべてのプログラム]→[Windows Update]をクリックする。
  3. [カスタム]ボタンをクリックする。
  4. 利用可能な更新プログラムを選択する。
  5. [更新プログラムの確認とインストール]をクリックする。

【関連記事】
Service Packってなに?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。