奈良の老舗、中川政七商店がプロデュースするブランドのひとつ、「遊 中川」の本店に出掛けたガイド。遊 中川で購入したものはショップの紹介記事の中に織り交ぜて紹介していますが、それ以外でおすすめしたい、おみやげ好適品をご案内。

春鹿のあられ酒と、ぐいのみ

中川政七商店のプレス担当さんに教えていただいたのは、清酒「春鹿」の醸造元がつくる和のリキュール・飲用みりんの「あられ酒」です。日本最古の酒蔵である春日大社の酒殿での白貴(にごり酒)の製造を継承、明治時代から酒造りをいとなむ今西清兵衛商店のもの。

春鹿のあられ酒、絵変わり盃

春鹿あられ酒500ml 1102円は、コクがあって甘いのに飲み口はさっぱり。絵代わり盃(いかづち、あらなみ)各630円


酒蔵に併設されたショップには、お酒はもちろん、酒器やバッグ、前掛けなどの小物も並びます。ガイドは凛々しい模様の描かれた盃を購入。また、底に鹿が彫られた手作りのオリジナルグラス(400円)を購入すると5種類のお酒を各一杯ずつ試飲できますので、時間のあるかたは是非!

春鹿

大仏殿の参道で買う奈良漬

奈良に行きたいという話をしていたとき、大仏殿の参道にある森奈良漬店の奈良漬は美味しい、と雑貨ガイドの江沢香織さんに教えてもらっていました。壺入り。渋い。パッケージの雰囲気がいいです。奈良漬けはお店によって味がずいぶんと違うそうで、森奈良漬店のものは、お酒の風味が効いています。みりんなどは使わず、酒粕と天然塩だけで漬け込んであるのだとか。

森奈良漬店

森奈良漬店の壷入りきざみ奈良漬、奈良ホテルの缶入りクッキー

左:森奈良漬店の壷入りきざみ奈良漬945円。 右:奈良ホテルの缶入りクッキー2625円


老舗ホテルの缶入りクッキー

奈良ホテルは明治42年創業。西の迎賓館として誕生しただけあって、優雅でクラシックな雰囲気です。昔ながらの売店っぽいホテルショップに並んでいて、可愛いデザインに一目惚れ。奈良時代文様の宝相華がデザインされています。中身よりも缶狙いで。クッキーはホームメイドタイプの穏やかで素朴な味わい。そこそこのボリュームがありますが、クッキーはさくさく感が大切ですから、お茶会でも開いてお友達と食べ切っちゃいましょう。
 
奈良ホテル



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。