「わからない」「知らない」など、投げやりな言葉は嫌われる

NG口癖

会話はテストではありません。リラックスして、相手のことを知り、自分のことを話してみましょう

意地を張って知ったかぶりをすることもありませんが、せっかく話をしたくても「わからない」「知らない」では、そこで会話終了。話が盛り上がらないまま終わってしまいます。

知らないなら教えてもらおう、という気持ちを相手に見せられるかどうか。逆に自分の得意分野だけ偉そうに語るよりも、その人にとって興味のあることを教わるほうがより相手のことを理解できるようになります。

「わからない」「知らない」で終わらせるのではなく「教えてください」という姿勢を見せることで印象が全く違ったものになるのです。 自分のことも相手のことも言葉でバッサリ否定するのではなく、肯定しながら少しずつ距離を近づけていくこと。また、自分の口グセを意識することで、自分の問題点が浮かび上がってくることがあります。恋のNG言葉に気をつけて、素敵な出会いを引き寄せてみてください。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。