投資を始めると、「できれば損をしたくない」「たくさん儲けたい」と思うのが普通というもの。

翌日の株式市場の動きを予測できれば、儲けるためにどのような取引をすればいいのか、あらかじめ投資戦略を立てることができます。そのため、「明日の株式市場はどう動くのだろう」と、株価動向が気になる人も多いかもしれません。

日本の株式相場を動かす要因

日本を代表する企業には輸出関連企業が多くあるため、世界経済の動向は日本経済の行方に大きな影響を及ぼします。そのため、日経平均株価は為替相場の動向の影響を受けています。為替相場ではここ数カ月、大きく円高が進行しています。日本経済への悪影響を懸念して、政府によって為替介入が行われたことはまだ記憶に新しいところです。

また、為替相場の他に日経平均株価の動きに影響を及ぼしているのが、米国の株式市場の主要指標であるNYダウです。今回はこのNYダウをみることで日本の翌日の株価動向が予測できるのか?を検証してみたいと思います。

まずは日経平均株価の9月以降のチャートを見てみます。
日経平均株価チャート

 

Yahoo!ファイナンスチャートより。拡大画像あり

 9月に、わずかでも株価が上昇した日は10日。チャートを見る限り、上昇基調にあることがわかります。

次のページでは、NYダウのチャートを見ながら、日経平均株価の動きにどれだけ影響を及ぼしているのかを見てみます。