風邪薬にも副作用はあるのでしょうか

風邪
市販の風邪薬で悪化したり3~4日経っても症状が変わらない場合は医療機関へ!
Q:先日、薬局で風邪薬を買いました。卵アレルギーがあるかどうかなど、色々聞かれたのですが、風邪薬でも副作用があるのでしょうか? あるとしたら、どんな副作用なのですか?

A:はい、お答えしますね。確かに、市販されている薬は風邪薬だけでなく、厳しい試験(※)をして、厚生省の認可を受けている製品なのですが、副作用が出ないというわけではありません。

人によっては、副作用が出てしまうこともありますので、市販の風邪薬を選ぶ注意も含めて、ご紹介しますね。

※医科向け(処方せんが必要な薬)の試験(治験)については、こちらでご紹しています→お薬の基礎知識Part16 治験について


買う前の注意点

まず、急いでいてもお店の薬剤師に相談してください。相談のポイントとして以下があります。

1.症状(のど、鼻、熱など。いつからか)

2.アレルギーの有無(特に卵アレルギーなどがあるかどうか)

3.これまで飲んだ薬の副作用やトラブル、その薬の名前(これまで、薬を飲んだときにおきた副作用やトラブルの内容と、薬の名前は覚えておくか、小さい紙やカードに書いて、お財布などに入れて常に携帯しておきましょう)

4.今、他に飲んでいる薬や、健康食品など

5.その他、気になることや要望
(要望に関しては、眠くなりにくい、一日一回が良い、錠剤が良い、漢方が良い、安価なものなど、相談してみてください)
※ご参考までにお薬の基礎知識Part10 風邪薬の選び方をご覧ください


持病に関する注意

また、特に、以下の方は、薬剤師に相談するか、医療機関で医師に相談してください。
  • 市販の風邪薬で副作用を経験したことがある
  • 卵のアレルギーがある(塩化リゾチーム入りの風邪薬を避けるようにしましょう)

  • 緑内障である(または、その薬を使っている)
  • 前立腺肥大である(または、その薬を飲んでいる)
  • 血栓や血液関連のお薬を飲んでいる
  • 腎臓に障害がある、ナトリウム摂取制限を受けているなど
    この4つに関しては、薬によってその病気が悪化することがありますので、きちんと伝えて、薬剤師に薬を選んでもらうか、医師に相談してください。

  • 胃腸の病気(胃・十二指腸潰瘍など)をしたことがある(解熱剤は、胃腸粘膜への副作用がでることがありますので、空腹時を避けるか、胃腸薬を併用するようにしましょう)

  • 咳止めに関しては、交感神経を高める成分が入っている場合がありますので、心臓や、血圧の病気がある方、糖尿病や甲状腺の病気、高齢者は、状況を薬剤師に説明していただくか、医療機関を受診してください。

  • 15歳未満の小児は、次の成分を含む風邪薬(解熱剤、抗ヒスタミン薬)は、服用しないように注意してください。
     アスピリン、アスピリンアルミニウム、サザピリン、
     プロメタジンメチレンジサリチル酸塩


  • >>次のページは、市販の風邪薬で考えられる副作用を紹介します>>