寒い季節は、キッチンでお鍋がことこといっているだけで、ほんわりと心が温まります。 冬はとにかく毎日コンロの上に登場。スープを作ったり、煮物にしたり、 ごはんを炊くのも鍋がおいしい。いつも目に付くものだから、鍋は機能的であると同時に、見た目もスタイリシュで なくてはならないのです。料理をする人に人気のお鍋 「ル・クルーゼ」については、以前 記事に書きましたが、今回は、そのル・クルーゼのライバル(!?)ともいえる「ストウブ(staub)」のお鍋を ご紹介。実際に使ってみてのリアルなレポートです。

艶やか大人色のお鍋

お鍋 お鍋
今回ご紹介するものは、ストウブ社の中でも「ジョエル・ロブション・セレクション」 というシリーズのもの。ストウブ社は1899年にフランス・アルザスで創業。 現在はフランスはおろか世界中で愛されているお鍋ですが、 この鍋は、「20世紀最高の料理人」と称されるジョエル・ロブションとのコラボレートによる、 特別仕様なんだそうです。ひょんなことでこのお鍋を手に入れることに なった私。まだまだ鍋に似合うような腕もキッチンもなく、申し訳ないほどなんですが、 さすがにこの鍋がどんと鎮座しているだけで、すごい風格があります。 ル・クルーゼが元気なビタミンカラーとすれば、 ストウブはどこか大人びた艶やか色、という感じでしょうか。 私が持っているのは黒なのでなおさらですが、 赤、青、黄など、他の色もル・クルーゼに比べてワントーン 落ち着いた雰囲気があります。 そしてやっぱり重いです。うちにあるのは両方直径20cmのラウンドタイプですが、 ルクルーゼが約2.8kgに対し、ストウブは約3.5kgと さらに重い。体力のいるお鍋であることは確かです。

3重のホーロー仕上げ

フタの裏側
この突起がおいしさの秘密だとか
ストウブ鍋の特長はフタの裏にあります。ツブツブした小さな突起がついていて、 これがお鍋の中の素材から立ち上った蒸気を水滴に戻し、それが再び素材に 降りかかるため、旨味を閉じ込めて逃すことなく、料理をおいしく仕上げるんだとか。 こんなちょっとしたことが味を左右させるんですねえ。 さらにこのロブション・セレクションは、従来のストウブ鍋の内側がザラザラとした 表面であるのに対して、3重のホーロー仕上げ。厚みのあるホーローで内側までツルツルにコーティング されているので焦げ付きにくく、お手入れも簡単なんだそうです。 また内側の色が黒なので、多少使い込んでも汚れが目立ちません。 ちなみにこの鍋は直火はもちろん、電磁調理器やIHにも対応しています。 一人暮らしの独身男性でも、ハイテク住宅に住む家族でもすぐに使える鍋ですね。

次ページでは実際に料理を作ってみました。