イメージ


静かに存在感を放つフレーム、というのが最初の印象でした。 シンプルな銀枠の中に水を注ぎ、さっと生けられた花。 特に凝ったことは何もしていないのに、人をハッとさせる強いインパクトがあります。 無機質な壁の中を通り抜ける清涼感。 きりりとモダンなデザインの中に、どこか温かく寛いだ風情を感じます。

FRAS(フラス)は、50年の歴史を持つ額縁制作会社から発信する ブランドです。大阪に工房を持ち、職人さんたちの手仕事によって、 製作されたフレームがベース。しっかりとした技術力を基に、 時間と手間をかけて丁寧に作られており、フレーム自体に重みや深み、 堅実な手作業から感じられる清々しさを味わうことができます。


匠の技で仕上がる、銀の延べ棒

銀彩 工房
手作りならではの質感。右は工房で作る様子
FRASでも特に力を入れ、人気の高い商品がこの銀箔のフレーム。 ちょっと手で触れるだけでも破れてしまう、大きさ110mm四方、 厚さわずか1μ(1/10000mm)の極薄銀箔を、一枚一枚丁寧に貼り付けているのだそう。 まるで銀の延べ棒のようなしっとりとつややかな仕上がりは、職人の手仕事ならではのもの。 基本的な工程は、木枠となる木材をサンドペーパーで磨き、 下地を塗っては乾燥させます。自然乾燥なので、丸一日かけてしっかりと乾かすのだそう。 最後に接着剤となる樹液を素早く伸ばし、 乾くちょっと手前で、ひと息に銀箔を貼って、一気に慎重に伸ばします。 このタイミングがなかなか難しいそうで、乾きすぎるとテカってしまうし、 季節や天候にも左右されるため、職人の経験とカンで全てが決まるとのこと。 エイジング仕上げといって、銀箔を貼った後に、金物ブラシでこすり、 わざと引っかいたような質感を出すこともあります。 一見シンプルな商品ですが、実は相当な手をかけて作られており、 1つできあがるのに最低1週間はかかってしまうのだとか。 銀箔は金沢で作られた純銀箔を使用しています。

FRASの商品はホテルなどの内装に使われることも多く、 最近では、三谷幸喜監督の映画「THE 有頂天ホテル」の舞台セットにも使われたんだとか。 クラシックとモダン、どちらにも溶け込めるデザインと技術を持っているのです。

次ページでは具体的な商品をご紹介