生花の持つ華やかさはないけれど、 枯れた風情にそこはかとない味がある、ドライフラワー。 リースや花束にして楽しむことも多いかと思いますが、 今回は、1つあるだけでも存在感のある、 ちょっと変わった植物ばかりを集めてご紹介します。 リースを作ったりするテクニックも必要ないし、 ディスプレイもあまり考える必要ありません。 置いておくだけでほっこり和んだり、 どこかおしゃれでユニークな雰囲気を演出できる、やや雑貨っぽいドライ植物です。


へくそかずら
見た目はシックでかわいいですが・・・


へくそかずら

蔓状の植物で、生のときはもっと赤い実です。 繊細にくるくると絡みつく蔓がチャーミングで、 見た目にはとてもかわいらしい植物。カントリーなどラスティックなインテリアに 取り入れるにはもってこいのビジュアルです。 しかし、いきなり強烈なネーミング。”へくそ”って、なんなんでしょ。 漢字で書くのがためらわれますが、 「屁糞蔓」と書きます。万葉集にも謳われるほど、日本古来から この名で呼ばれていたようで、ちょっとかわいそう。でも だからこそ、かわいがって欲しい。(花が きれいなので”早乙女花”という別名もあるそうです)。 葉や茎をちぎったり揉んだりすると確かに異臭がありますが、 身を(実を)守るための健気な抵抗なんですから。 ただ置いてある分には、特に何も匂いません。。 名前を気にしなければ、かなりステキな蔓です。 壁にひょいっと引っ掛けるだけで絵になります。



カラマツ
実の部分はわずか2cmくらい。見とれるような造形。


カラマツ

八ヶ岳で、雪の降る朝に道端にぽつんと落ちていました。 ハッとするような可憐でエレガントな姿かたち。儚げな風情に、壊れないよう、大事に大事に持ち帰ってきました。 カラマツは、スキー場に多く生えているようで、長野や群馬、北海道などでも見つかるようです。 富士山にもあるらしい。 松ですから、これは松ぼっくりに値する部分なんでしょうけど、 もっとずっと小さくて、幾重にもきれいに重ねられた花びら(?) が、バラか牡丹のようなビジュアルです。 球に近い、 まあるい形もいいのです。 どきどきする美しさ。自然の作るデザインは素晴らしいです。 飽きずに眺めてしまいます。



黒文字
清楚で凛とした姿に趣がある。


くろもじ

和菓子を食べるときの、ちょっと高級な楊枝を”黒文字”といったりしますが、 これがその材料となる枝。若い枝は緑色でスベスベしていますが、 次第に黒い斑紋が現れ、これを文字に見立てたことから 付いた名前だそうです。 ぽきっと折ると、ほのかにすーっとした爽やかないい香りがします。 うーん、確かに、この上品さが和菓子に合いますね。 もちろん、この枝を折って、そのまま楊枝のように 使ってもいいと思います(そうやって使っている喫茶店がありました)。




次ページでは、ちょっとヘンテコなものをご紹介します。