入り口

アーチが見えたらもうすぐ。左の小道を曲がった
ちょっと奥に、ひっそりと白い壁のお店があります。


行くたびに、住みたいなあ、と思ってしまう街のひとつが西荻窪。 大きなビルやデパートはありませんが、商店街に活気があって、 おいしい食べ物屋さんがちょこまかとあって、 センスのいいギャラリーや古道具屋さんがあって。 普段の毎日を楽しくしてくれそうな街なのです。 そんな街の小さな路地裏に、またまた魅力的なお店ができました。


長年の友人同士が始めた、食と道具のお店

店内
戸棚の中がとっても気になります。
お店の名前は「364(さんろくよん)」。なんだか呪 文のような名前です。 一年は365日だから・・・、 あれ?ひとつ足りません。 理由を聞いてみたら、一年を通して使える日々の道具や食材を扱っているのですが、肩の力を抜く意味を込めてひとつ引いた 数字にしたのですって。 364の提案するものたちは、 毎日を安心しておいしくするための、ささやかで飽きのこないものたちばかり。 ずっと長く良いと思えるよう、ひとつずつ丁寧に選んでいます。


店主は二人の女性で、駒井京子さんと二所宮佐代子さんです。 二人はなんと10年来の友人同士。 かつては代官山のとあるギャラリーに勤めていました。 その頃から、和紙を使った作品作りをしたり、 展示のイベントを開催するなど、二人でフリーの活動をしていたそうです。
「以前より、いろんな人が集まって、わいわいと楽しめる空間って いいな、と思っていました。でも自分で何かやるということまでは、 まだ漠然としていたんです。 そんなとき、去年なんですがたまたま二人で、七里ガ浜の収穫祭に出かけました。 青空の下で、家族や友人たちが集まって、みんなでわいわいご飯を食べて。 単純でささやかなことだけど、本当においしくて心地良かったんですよね。 そんな風景に、 すごくじーんときてしまって、自分も何かやりたい、と強く心が動きました。 人が集まっておいしい物があって、みんなが楽しい気持ちになれるような場所、 とあれこれ思いを巡らせていたら、どんどんアイディアが膨らんでしまって、 あっという間にお店ができてしまった感じです」。

店内
すっきりとシンプルで無駄のない店内。外にはほおずきがちょんちょん置いてありました。


ギャラリーに勤めていた頃は、器をメインに扱っていましたが、 ここでは器の中に入れたい、食品も並んでいます。 お米があって、お茶碗があって、鰹節があって、お鍋があって、 という、日本の普通の家庭の毎日に必要なものを中心に集めています。

靴を脱いでのんびり佇む二階の小部屋

2階
手仕事の道具や古いものが並んでいます。
お店を入ってすぐの部屋は、コンクリートの床で土間のような雰囲気。 古い戸棚に食材や料理道具などが行儀よく並ぶ、こぢんまりとした空間です。 そしてちらっと奥の方をのぞくと、なにやら階段が見えました。 二階もお店になっているとのこと。 少し赤みを帯びた壁と、緑の段のコントラストがかわいい階段を とんとん上がると、こちらはパッと明るい光が差し込む白い部屋で、 入り口には緑の枝が揺れていました。 部屋には靴を脱いで上がるシステム。 ペタリと床に座り込むと、 窓からは気持ち良い風が流れ、隣りの家の緑豊かなお庭がちょうど見渡せる 、素敵な場所でした。秘密の隠れ家のようで、ついぼうっとしてしまい、なかなか降りてこれません。



2階
ちゃぶ台があったり、床の間があったり。和める空間です。


「あんまり暮らしに興味のなさそうな、若い男性がこの部屋のちゃぶ台を見て、 ここでご飯と味噌汁が食べたいなあ、と言っていたのがちょっと嬉しかったです」。
もともとは居酒屋さんだったという建物。階段や壁の色はそのまま残して、 大工さんにはちょっぴり悪いけど、 少し手を抜いてもらうことによって、人の気配を感じる、味のある風情に仕上げています。 電気も天井に取り付けただけの裸電球だったり、 工事のときに使用していたものをそのまま使ったり。 華美な装飾のないインテリアですが、そんな潔さの中に どこか程よいぬくもりと、気楽で落ち着いた雰囲気があります。

次ページでは、お店で扱っている道具や食材をご紹介。