抗精神病薬

抗精神病薬は幻覚、妄想、興奮状態などに対処する治療薬。脳内のドーパミン系ニューロンの病的活動にストップをかけます

そこにないものが見えたり、聞こえるはずのない声が聞こえてくる幻覚・幻聴。誰も見ていないのに、誰かに見張られていると思い込んでしまう妄想。さらには、自分を見失っているほどの激しい興奮状態……このように現実と非現実の境が不明確になってしまったとき、本来の自分を取り戻すために、抗精神病薬が必要となります。

今回は、抗精神病薬の作用機序、種類、副作用の基礎知識を詳しく解説します。

抗精神病薬の作用機序・種類

抗精神病薬の作用機序での主要物質はドーパミンです。ドーパミンは、日常的な快感を感じた時に脳内に分泌される脳内神経伝達物質。統合失調症の急性期のように現実認識が低下し、幻覚、妄想が生じている状態になると、ドーパミン系ニューロンの活動異常が生じてしまうため、抗精神病薬でこれに対処します。

抗精神病薬の主な薬理作用は、ドーパミン系ニューロンの病的活動を抑制すること。脳内のドーパミン・レセプターをブロックし、神経伝達の流れを止めます。現在主流の抗精神病薬にはドーパミン系以外にも、セロトニン系ニューロンなどに作用するものがあり、意欲や気力の低下など、統合失調症の急性期を過ぎた後、出現しやすい症状に対しても効果があります。

抗精神病薬は、「定型抗精神病薬」と「非定型抗精神病薬」の2種類。「定型抗精神病薬」は、第一世代の薬物群。それ以降に開発された薬物群が「非定型抗精神病薬」で、現在はこちらが主流の治療薬になっています。 治療薬は世代を経るごとに、脳内のターゲットによりピンポイントで作用するため、高い治療効果が得られると共に、副作用は少なくなります。

抗精神病薬の副作用

抗精神病薬の副作用は、治療薬がターゲット以外の神経系に作用してしまうために生じます。抗精神病薬の代表的な副作用は以下のとおり。
  • 日中の眠気
  • 口が渇く
  • 起立性低血圧
  • めまい
  • 便秘・排尿障害
  • 不整脈
  • 性機能低下
  • 高血糖
  • 体重増加
一般的には、新しい薬であればあるほど、副作用は少なくなります。例えば、第一世代の抗精神病薬で出現しやすい錐体外路症状(EPS)と呼ばれるパーキンソン病様症状は、第二世代以降では、出現頻度が大きく減少します。

しかし、副作用の発現には個人的要因(投与量・投与期間・基礎疾患の有無・治療薬への感受性・他の薬物の有無など)が複雑に影響します。個人差が大きく、頻度は少ないのですが、悪性症候群など重篤な副作用が出現することもあるので、注意が必要です。

主な抗精神病薬一覧

左側は一般名で、()内は商品名です。処方時には()内の商品名が使用されることが多いです。

■ フェノチアジン系抗精神病薬(定型抗精神病薬)
クロルプロマジン塩酸塩 (ウインタミン、コントミン)
クロルプロマジン塩酸塩・プロメタジン塩酸塩・フェノバルビタール配合 (ベゲタミン-A、ベゲタミン-B )
レボメプロマジン (ヒルナミン、レボトミン)
フルフェナジン (フルメジン、フルデカシン)
ペルフェナジン (ピーゼットシー、トリラホン)
プロクロルペラジン (ノバミン)
トリフロペラジンマレイン酸塩 (トリフロペラジン)
プロペリシアジン (ニューレプチル)

■ ブチロフェノン系抗精神病薬(定型抗精神病薬)
ハロペリドール (セレネース)
ハロペリドールデカン酸エステル (ハロマンス、ネオペリドール)
ブロムペリドール (インプロメン)
ピパンペロン塩酸塩 (プロピタン)
スピペロン (スピロピタン)
モペロン塩酸塩 (ルバトレン)
チミペロン (トロペロン)

■ ベンザミド系抗精神病(定型抗精神病薬)
スルピリド (ドグマチール、アビリット、ミラドール)
スルトプリド塩酸塩 (バルネチール)
チアプリド塩酸塩 (グラマリール)
ネモナプリド (エミレース)

■ セロトニン・ドーパミン遮断薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミンだけでなく、セロトニン系のニューロンの情報伝達をブロックすることで、幻覚妄想を抑え、かつEPSの出現が減少します)
リスペリドン (リスパダール、リスパダールコンスタ)
ペロスピロン塩酸塩水和物 (ルーラン)
ブロナンセリン (ロナセン)

■ 多元受容体作用抗精神病薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミン、セロトニン以外にもヒスタミン、コリン、アドレナリン系のニューロンに作用することで、EPS減少のみならず、抗うつ効果などもあります)
オランザピン (ジプレキサ、ジプレキサザイディス)
クエチアピンフマル酸塩 (セロクエル)
クロザピン (クロザリル)

■ ドーパミン受容体部分作動薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミン受容体の一部に作用することで、EPSの出現を抑えます)
アリピプラゾール (エビリファイ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。