ここ数年で供給が急増しているウィークリーマンション・マンスリーマンション。この短期貸し賃貸が、年末年始に大バーゲンに踏み切るケースが目についています。「7日間の契約でコミコミで3万円!」なんていう企画も登場してます。

何でバーゲン価格になるのか?

ホテル業界では年末年始は、どこも宿泊予約がとれないほどの盛況ぶり。年末年始料金は値段が高いっていうのが相場のはず。なのにどうしてウィークリーマンションやマンスリーマンションは、大バーゲンをするのでしょう。

マンスリーマンションは、長期出張のサラリーマン等の法人がメインの利用者です。年末年始はマンスリーマンションを一旦解約して、1~2週間家族のもとに帰るケースが多い。そのため、ウィークリーマンションやマンスリーマンションは、年末年始は空きが増加し期間限定の値引きを実施するんですね。

例えば、首都圏中心にマンスリーマンションを提供している株式会社アミコムでは年末年始に限って、格安ホテルなみの7日間3万円または3万5000円で部屋を提供するバーゲンを実施することが決定しています。
通常マンスリーマンションは、賃料の他に光熱費や退去時のルームクリーニング料が1~3万程度かかりますが、バーゲン期間中は、これら全て込みで3万円(または3万5000円)で借りられるそうです。ホテルとは違いますので、歯ブラシやバスタオルはついていませんが、逆に調理器具のついたキッチンのある部屋が借りられますから、部屋で料理を作ることが可能です。

私が聞いている限りでは、ネット上で広告をだしていなくても、年末年始の割引きを行っているマンスリー業者は多くあります。年末年始に1週間以上の宿泊をするなら、マンスリーマンション業者に問合せてみると、格安で部屋を借りられるかもしれませんよ。

マンスリーマンション(アミコム) http://www.monthly-amix.com/

<関連リンク>
ウィークリー・マンスリー

ウィークリーマンション 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。