猛暑も過ぎ、ようやく秋の気配が感じられるようになってきました。インテリアも秋らしく模様替えをしたいもの。今回は、テーブルウエアフェスティバルの事例から、秋のインテリア作りのヒントを見つけていきます。

渋めの色使いで和風に

これから迎える寒い季節。温もりを感じる色といえば赤やオレンジ、黄色に代表される暖色です。暖色にもいろいろありますが、和風の空間に合わせるのであれば、くすんだ彩度の低い色が良いでしょう。

秋色のダイニングテーブル

オレンジと緑の組み合わせだがくすんだ色合いで落ち着いた印象。土っぽい陶器が和の雰囲気を盛り上げる。花瓶にはカラーが入っているが、和風の秋にはススキや菊でも◎

上の画像でも、彩度が低い暖色を使っています。くすんだオレンジ色と緑の組み合わせ。ちょうど対比の配色になっていて落ち着き感がある中にも変化が感じられる色の使い方ですね。

土物の器は、ほっこりとした温もりのある空間にぴったり。こういった色や素材の組み合わせテクニックは、テーブルコーディネートだけでなく、玄関先やリビングのキャビネット上の演出にもおススメです。

えんじ色のテーブルクロスを使ったダイニングテーブル

紅葉を思わせるえんじ色を使って秋らしい雰囲気に。塗りの食器と壁の金色で高級感のある印象に。

こちらは、えんじ色のテーブルクロスに黒や赤の漆器を合わせて、上品で高級感のある和のテーブルになっています。

また、壁には金色を使っています。金色や銀色は高級感がでる色なので、かしこまった空間にしたい時には是非加えたいですね。大きな面積でなくても、小物などにちょっと使うだけでも効果はありますよ。

 


白をベースにしたテーブルコーディネート

えんじ色を使っているが、白をベースに使って分量の調節をしたテーブル

同じえんじ色を使ったコーディネートですが、ベースとなるテーブルクロスに白を使い、えんじ色の分量を少なくしています。そのため、全体に落ち着いた印象ですが、先ほどのに比べると、明るい空間になっています。

秋を思わせる落ち着いた色は、全体的に明度が低いため、ともすると部屋が暗くなりがち。こうやって明るめの色をベースに分量の調整をしてみるといいですよ。


次ページは、都会的でモダンな秋らしいインテリアをご紹介しましょう。
黒を効かせてシックにモダンに>>