「えっ、これからお見えになるの!」急な来客で困ることってありますよね。とはいえ、玄関先で用が済む場合も多いでしょう。「とりあえず、玄関だけはなんとかしたい!」ときのお助けアイテムとして、おススメなのはファブリック。
 

玄関

周りを片づけるだけでもすっきりしますが、ちょっと寂しいときにはファブリックで季節感を

「あと30分で……」というときには、まずは散らかっている靴や傘を玄関収納に放り込み、 収納に入らない場合には揃えておくだけでもきちんと感が出ます。
これだけでも、すっきりとはしますが、さらに季節感を加えてお客様をお迎えする気持ちを表すのであれば、色で勝負です。


 


 

ファブリックを使って秋らしく変わった玄関

左:金茶色のテーブルランナーと渋い赤のティーマットを組み合わせて秋らしさを。ファブリックはスペースに合わせて大きさを調整できるのも便利 右上:小ぶりな茶器なので台に乗せてボリュームアップ 右下:ランチョンマットやティーマットは、テーブルコーディネートだけでなくいろいろに活躍します

秋から冬にふさわしい色といえば、色づいた葉をイメージする赤、オレンジや黄色といった暖色系の色やこっくりとしたマロンカラーなどでしょうか。そんな秋色のファブリック、例えば、食卓で使うランチョンマットなどを、玄関収納の上に加えるだけでも、季節感が感じられます。

上の玄関では、テーブルランナーを玄関収納の上に敷いています。長いので、蛇腹に折りたたみ、その上に茶器を飾りました。こげ茶色の茶器は落ち着いた感じで秋の雰囲気に合うのですが、このスペースに対して小さいので、台を置いてボリュームアップ。台は茶器が入っていた箱を使っています。そのため、紅葉のような赤色のティーマットで、目隠しも兼ねて色を重ねてみました。なにもない玄関よりも、ずっと落ち着いた秋らしい雰囲気が出ています。

ファブリックの良いところは、価格的に手頃なものが多い、色や柄が豊富、軽くてかさばらず収納しやすいなどが挙げられます。また、折ったり重ねたりもできるので、スペースに合わせて大きさの調整も簡単。何種類か用意していると、いろいろに使えます。ファブリックを上手に使って、季節感のある素敵な玄関に変身させてくださいね。
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。