片付け
片付かないお部屋を見ると、ついついイライラしてしまうもの。リフォームで収納たっぷりのお部屋にしちゃいましょう。
部屋の限られたスペースを、上手に活用して収納することができれば、もっと住まいを広く使うことができるはず……。しかしライフスタイルの変化に合わせて物が増えていき、片付けはどんどん難しくなる一方です。

収納ボックスを必要に応じて買い足していくのも良いのですが、見せる収納・隠す収納を上手に使い分けたり、お部屋を広く感じさせるためには、やっぱりリフォームを上手に活用すべきです。

そこで今回は、収納力だけでなく、もっとお部屋を美しく見せるための、リフォームファニチャー(家具)についてその概算費用とポイントをご紹介します。

6万円~でクローゼットの使いやすさに差が付く

クローゼット

クローゼットの中も、収納アイテムにあわせた間仕切りやフレームの有り無しで、収納力に差が出ます。(画像提供:株式会社LIXIL

クローゼットをすでにお使いのお住まいもかなり多く見受けられますが、収納物の種類や量に応じた間仕切りやハンガーレールがないために、結局収納ボックスなどに頼ってしまい、収納効率を下げてしまっているケースもあります。

建材メーカーなどではクローゼット内に設置する「機能ユニット」と呼ばれる、収納を便利にするためのオプションを豊富に用意しています。間口が1間(1,820mm)程度のクローゼット内に設置する機能ユニットであれば、6万~15万円くらいです(取付工事費用含む)。いずれもカタログには、収納量の目安(衣類の枚数など)が記載されているので、参考にしてみると良いでしょう。

20万円~で畳の下にも床下収納が作れる!

畳下収納
電池駆動による開閉で、女性でも非常にラクに開閉できます。(画像提供:パナソニック株式会社
和室も意外と物が増えてしまうところです。押入れ以外の収納が少なく、家具を新たに置けばその分お部屋が狭くなってしまいますが、和室用の床下収納を使えば、我が家の収納問題は一気に解決します。

一目見た感じでは、まったく普通の畳と変わりませんが、壁のスイッチを操作すると、電動で自動的に手が入る程度のすき間が開きます。後は女性でも軽々持ち上がる機構になっているので、使いやすさも十分です。

この畳下収納の容量は、浅型で300リットル程度、深型で700リットルもありますから、書物や骨董品など、趣味が多彩で物が多い方でも、自分だけの収納スペースを持つことができるのです。

リフォーム費用は材料費・工事費込みで20万~35万円程度です。ただし、和室の床下構造部などに痛みがある場合は、別途補修工事を依頼しておきましょう。

【関連記事】
手軽に収納を増やすマル秘リフォーム術
失敗しないフローリングリフォームのツボ

次のページでは、大画面テレビなどをじっくり楽しめるリビングファニチャーや、収納だけでなくお部屋のアクセントになる畳収納ユニットについてご紹介します。