抗うつ薬・睡眠薬

自己判断はせず、医師や薬剤師にご相談ください
うつや睡眠薬に関しては、OTC医薬品(市販薬、一般用医薬品とも呼ばれています)としては、販売されていません(文末でご紹介する睡眠改善薬を除く)。古い薬から新薬まで、数多くありますので、代表的なものをご紹介します。

これらの薬には、まず、ベンゾジアゼピン系(BDZ)やバルビツール酸などがあります。中枢神経系のGABA(抑制ではたらく神経)の作用を促進させることにより、緊張を抑えたり、不安や眠気、けいれんなどに効果を示します。
 主に 抗不安薬の成分として、ジアゼパム、ロラゼパム、催眠薬として、テマゼパム、ロルメタゼパム、ニトラゼパム といった薬があります。

また、抗うつ薬の成分として、アミノトリプチン、ロフェプラミン(三環系(さんかんけい)抗うつ薬)やブスピロン(β遮断薬(交感神経を抑制))などがあります。

さらに、セロトニンという脳内にある神経伝達物質の量を増やして、うつを改善させる薬もあります。SSRI(セロトニン再取込阻害薬:デプロメール錠・ルボックス錠、パキシル錠)や、セロトニンの増加だけでなく、ノルアドレナリン(意欲がでる脳内伝達物質)の作用を促すSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬、トレドミン錠)などがあります。
詳しくは、こちらをご覧ください。うつ病の薬について>増え続けるうつ病…薬の基礎知識と注意点
 
その他、以前乱用で問題になりましたが、中枢神経を刺激する薬であるリタリン(塩酸メチルフェニデート)は、うつ病の適応はなくなりました。向精神薬・リタリンの副作用と注意点


睡眠改善薬

睡眠薬は、効果の穏やかな睡眠改善薬は、OTC医薬品として薬局で購入できます。詳しくはこちらをご覧ください。最近眠れないの……睡眠改善薬

■ ドリエル(エスエス製薬)、ナイトール(グラクソ・スミスクライン)、グ・スリーP(第一三共ヘルスケア)(15歳以上2錠/1回、就寝前、15未満服用不可)
効能・効果:一時的な不眠の寝つきが悪い、眠りが浅いという症状の緩和
成分:塩酸ジフェンヒドラミン

■ アロパノール(全薬工業)(15歳以上7錠/1回、1日1~3回)
効能・効果:虚弱な体質で神経が高ぶる次の諸症状、神経症、不眠症
成分:生薬成分(カンゾウ、チョウトウコウ、センキュウ、サイコ他)

■ レスティ錠(大正製薬)(15歳以上6錠/1回、1日1~3回、食間)
効能・効果:神経がたかぶり、気分がふさいで、不眠傾向のある次の諸症状、眠りが浅い、寝つきが悪い、目ざめ易い、意欲減退、気分がふさぐ、イライラ、怒りっぽい、あせり、神経質
成分:生薬成分(カンゾウ、チョウトウコウ、抑肝散加芍薬黄連水性乾燥エキス)

他の病気が原因で不眠になっている場合や、重度の不眠の場合などは、医師に相談しましょう。
薬局で売っている睡眠改善薬は、興奮して眠れない、精神的に疲労している、眠りが浅い、寝つきが悪いといった状態などの軽度の不眠にお勧めします。

それほど効果は変わらないといわれていますが、種類がいくつかありますので購入するときには、薬剤師に相談してみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項