すい臓がんの早期発見が難しい理由・初期症状

すい臓がんの初期症状・がんの進行

胃がんや大腸がん、肺がんや乳がんのように、検診や自己検診で見つけにくいがんがあります。すい臓がんは、その代表的な疾患です。

近年、がん検診の普及や検査法の進歩によって、多くのがんの早期発見が可能になってきました。しかし、残念ながら、まだ早期発見が難しいがんがあることも事実です。患者数も多く、見つかりづらいがんの代表がすい臓がんです。また、治療成績が他のがんに比べて良くないことも特徴です。

見つかりづらく、治療成績が良くないことの理由は、すい臓が周囲を胃や腸、肝臓や胆嚢にかこまれた体の中心部近くにあることとともに、初期にほとんど特徴的な症状がないことが上げられます。

しかし、患者さんの訴えで多いのは、何となく胃のあたりがすっきりしない、背中の方が重たい感じがする、食欲がない、便通が不安定といったものです。こういった症状のほとんどは心配ないものですが、もし、症状が長引いている場合や、徐々に強くなっているような場合には、一度、内科の先生にご相談になることをお勧めします。
 

すい臓がんの症状……進行すると黄疸・嘔吐も

すい臓がんが進行すると
すい臓がんが進行したときには、局所の進展による症状と、遠隔転移による症状が見られるようになってきます。
すい臓がんの進行に伴って見られる症状には、局所の進展によるものと、他の臓器への転移によるものに分けることができます。

1)局所の進展による症状
すい臓がんができる部位によって、症状の出方は異なります。すい頭部と呼ばれるすい臓のうち十二指腸よりの部分にできた場合には、腫瘍の増大に伴って、胆汁の流れが障害されるようになり、黄疸が出現することがあります。

また、周辺のリンパ節が腫れることも重なって、消化管の通過障害が出現し、食べたものを嘔吐してしまうといった症状も出てきます。
さらに、後腹膜と呼ばれる背中側の神経叢に浸潤していくと、強く持続的な痛みが出てくることがあります。

すい臓からは、インスリンという血糖を下げるホルモンが分泌されていますが、すい臓がんによって血糖値が上昇したり、糖尿病が悪化したりすることがあります。

2)他臓器への転移による症状
すい臓がんも、他のがんと同様に、骨や肺、脳への転移が認められますが、血流の関係もあり、肝臓への転移が多く見られます。肝臓への転移によっても、黄疸が見られることがあります。

また、がんに共通のことですが、特に要因なく体重が減少したり、帯状疱疹(ヘルペス)を発症する場合には、何らかの悪性疾患の存在も疑われますので、万一、このような兆候が出た場合には医療機関を受診するようにしてください。

治癒率をあげるためには、早期発見・早期治療が大切です。早期発見のためには、初期症状に注意すると共に、やはり、年に1回の定期的な健康診断を受けられることをおすすめします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項