ED(勃起障害・勃起不全)はすべての男性を予備軍とする生活習慣病の一種です。かつては加齢現象の1つとして半ば諦められていましたが、今日ではED治療薬の登場で、ほとんどの場合、症状を改善できる病気となりました。

しかし、薬である以上、服用時のメリットとデメリットがあります。その両方を正しく理解して用いれば、相応の効果を得ることができます。現在、日本では3種類のED治療薬を入手することができます。今回は、これら治療薬の正しい飲み方を紹介しましょう。

ED治療薬は必要に応じて飲む薬

自分で勝手に量を増やすのは禁物
性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートするのがED治療薬の役目です。勃起は陰茎の中の海綿体に血液が流れ込んで硬くなるために起きる現象です。ですから、勃起がスムーズに起きるかどうかは陰茎に流れ込む血流量に左右されます。

その重要な担い手である血管は「サイクリックGMP」という物質の働きで拡張するのですが、サイクリックGMPは「PDE5」という酵素に分解されることで働きを止めます。

生活習慣病など、何らかの理由で海綿体に流れ込む血液量が減少するとEDになりますが、ED治療薬は、この「PDE5」の働きを弱め「サイクリックGMP」の働きを最大限に引き出すというメカニズムを持っています。その結果、陰茎の血管を拡張し、海綿体の血流量を増やすことで勃起を持続させるのです。

ED治療薬は基本的に、性行為の前に服用する内服薬です。しないのに飲んでも性的刺激があれば勃起しますが、する気もないのに飲むのはもったいないことです。

5回目くらいまでは、あきらめないで

薬の効き方には個人差があるので、思ったほどの効果が表れなくても、立て続けに飲むのは禁物。一度服用したら次は24時間あけてください。医師の指示に従い処方された投与量を守り、正しく服用してください。自分で勝手に量を増やしたりしてはいけません。

たとえ、期待したほどの効果が得られなかったとしても、諦めることはありません。ED治療薬を最初に飲む時には、多かれ少なかれ緊張して本来の効果がでにくいことがあります。

また、どのような薬でも、体質的に効かないことはあります。それでも諦めず5回くらいは試してください。いずれにせよ、何回かはトライしてみてください。

薬の効果を引き出すには「睡眠を十分にとっておく」「パートナーと協力して、性的な刺激を演出する」「無理そうならあせらず、次回に期待する」といった方法があります。

ED治療薬を飲むとどうなるの?>>