依存症を克服するには?

しかし、この作業は自分や家族だけの努力では、とても困難です。とくに、家族など周りの人が手を貸すことで、それに甘えて、依存がさらに悪化することもあります。したがって、自分の意志ではやめられないほど、強い依存の状態であれば、医療機関でしっかり治療を行う必要があります。

全国に、依存症の治療を専門的に行う医療機関があります。また、特定の依存症の治療を得意とする医療機関もあります。まずは、地域の保健センター保健所、各県にある精神保健福祉センターに連絡し、症状を詳しく伝えて、医療機関を紹介してもらうといいでしょう。

また、治療と同時に有効なのが、カウンセリング自助グループです。自分が抱えている「生きにくさ」をカウンセラーに話し、自分の軌跡や現状を受け止め、整理することによって、「何かに依存しなくても、生きられる自分」を目指していきます。また、自助グループは、同じ依存症を抱える人たちと気持ちを分かち合うことで、各々が自分の力で依存症を克服していけるように支え合う会です。当事者会や家族会、支援者や友人なども参加できる「オープン・ミーティング」もあります。

カウンセリングは、医療機関に所属しているカウンセラーが担当する場合が多く、医療機関から紹介してもらえる場合もあります。自助グループは、医療機関や地域の相談機関で紹介してもらえる場合もありますし、インターネット等でも探すことができます。

自分自身、そして家族に依存症の傾向があると気づいたら、まずはその依存症についてよく調べ、必要に応じて医療機関やカウンセリング、自助グループを利用して、克服していきましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項