外構の補修・塗装リフォームにチャレンジ

掃除中
塗装する前は必ず汚れをブラシなどで除去することを忘れずに。仕上がり具合が全く違ってきます。(画像提供:ニッペホームプロダクツ株式会社)
一戸建てにお住まいの方は、その家の大きさに関わらず、外溝(ブロック塀など)をお持ちのことだと思います。外溝は常に暑さと寒さ、雨と風にさらされているので、気がつくと意外と亀裂が入っていたり、汚れが目立ったりしてくるようになるものです。これを家族でDIYしてみてはいかがでしょうか。

ブロックなどの亀裂を放っておくと、そこから雨水などが侵入し、内部の鉄筋やコンクリートを劣化させることになり、結果的にブロック塀の傷みをさらに悪化させてしまいます。このような場合は、亀裂の隙間を埋める「補修材」を充填しておけば良いでしょう。また、ブロック塀全体の汚れが気になるときは、表面のコケや土汚れをデッキブラシなどで水洗いして、乾いてから塗装してあげればOKです。一緒にフェンスなども塗装すると、新築の時のような美しさになります。

塗装中
外溝の塗装に便利な工具としてローラー刷毛があります。塗る箇所に適した塗料と工具で上手に仕上げましょう。(画像提供:ニッペホームプロダクツ株式会社)
補修材や塗料などはホームセンターやインターネットでも手に入りますし、費用も数百円~数千円と手頃です。これら材料を選ぶ時には、コンクリート部、鉄部、といった具合に、塗る箇所に適応した塗料などを選ぶことが大切です。また選ぶ塗料や、塗る箇所の状況によっては、錆び止め塗料やシーラーと呼ばれる塗料の接着性を高める塗材が必要になることもあるので、それら製品の商品説明などをしっかりと読んで、我が家に相応しい材料を選択するようにしましょう。くれぐれも塗りたくない箇所をしっかりとマスキングテープを貼ることと、塗料が飛び散らないように周囲を古新聞紙などで養生することを忘れずに。

【リフォーム予算】
材料費 10,000円~30,000円(20m2程度を想定)

次のページでは、カウンター材を使ってユーティリティデスクを作るDIYについてご紹介します。