前立腺肥大症の症状 

肛門から指を入れ、前立腺の大きさや形、硬さなどを調べる

肛門から指を入れ、前立腺の大きさや形、硬さなどを調べる

前立腺肥大症の症状は、下部尿路症状といわれ、排尿困難などの「排尿症状」と、頻尿などの「蓄尿症状」に大別されます。両方の症状が重なることもあります。

■排尿症状
主に尿の通過障害で起こるものです。前立腺肥大による通過障害は、前立腺そのものの物理的な閉塞による「機械的な閉塞」と、前立腺を構成する平滑筋の緊張により、尿道を圧迫することによる「機能的な閉塞」に分けることができます。

具体的には、排尿時に
  • 勢いがない
  • 途切れる
  • 出始めるまでに時間がかかる
  • 出終わるまでに時間がかかる
  • 力まないと出ない
といった症状がみられます。

■蓄尿症状
肥大した前立腺による通過障害のために、膀胱が過敏になることによって起こるもので、夜間に何度もトイレに起きる「夜間頻尿」が初期段階にみられる特徴です。頻尿の目安は、トイレに行く回数が、夜間で1回以上、昼間で8回以上です。

頻尿以外の症状として、
  • 残尿感
  • 尿意切迫感
  • 切迫性尿失禁
などがあります。尿意切迫感と切迫性尿失禁は「過活動膀胱」で起きる症状です。

■その他の症状
排尿困難が進行すると、残尿が増えるために起こる頻尿があります。こうした症状を放置すると、残尿が徐々に増え、膀胱には尿がたまっているのに尿が出ない「尿閉状態」や腎機能不全を招くことがあります。

前立腺肥大症の診断 

前立腺肥大症の診断において行われる問診では「国際前立腺症状スコア(IPSS)」という、患者の自覚症状を定量化する評価方法が用いられています。

IPSSは、排尿症状に関する7項目の質問を6段階で評価し、合計点によって治療方針を決めたり、治療効果を判定したりします。

■IPSS
Q1:過去1カ月間、排尿後に尿がまだ残っている感じがありましたか。
Q2:過去1カ月間、排尿後2時間以内にもう1度行かねばならないことがありましたか。
Q3:過去1カ月間、排尿途中に尿がとぎれることがありましたか。
Q4:過去1カ月間、排尿をがまんするのがつらいことがありましたか。
Q5:過去1カ月間、尿の勢いが弱いことがありましたか。
Q6:過去1カ月間、排尿開始時にいきむ必要がありましたか。
Q7:過去1カ月間、床に就いてから朝起きるまで普通何回排尿に起きましたか。

上記の質問に対し、それぞれに該当する回数を6つの段階から選びます。
・なし=0点
・5回に1回未満=1点
・2回に1回未満=2点
・2回に1回位=3点
・2回に1回以上=4点
・ほとんどいつも=4点
※Q7に対しては、具体的な回数が点数となります(5回以上は5)。

合計点で0~7点が軽度、8~19点が中程度、20点以上が高度(重症)と判断されます。

前立腺肥大症の検査 

問診では、IPSSを使って、排尿に関する自覚症状を尋ねます。それ以外に次のような検査を行います。

■尿検査
主として、尿路感染のチェックを行います。排尿途中の中間尿を採るだけですから、短時間で済みます。尿路感染症の有無だけでなく、尿路の出血や、尿路結石症の存在を診断することもできます。費用は300~900円です。

■直腸診
症状から、前立腺肥大症が疑われたときに行います。直腸から指を挿入して前立腺に触れ、大きさや固さを確認します。抵抗を覚えられる方もありますが、現在では極めて一般的な検査です。

■超音波検査
前立腺の大きさや残尿量、水腎症の有無などを調べます。膀胱に尿がたまった状態のほうが前立腺の様子がよくわかるので、検査前には尿をためておくようにします。検査に伴う苦痛はありません。費用は2500~4000円です。

■PSA(前立腺特異抗原)検査
がんの有無を調べる血液検査です。腫瘍マーカーとなる前立腺特異抗原(PSA)を調べます。通常と同じ採血ですから、肉体的負担はありません。費用は3000~5000円です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項