2つのアプローチで効果的な虫歯予防

毎日歯を磨いていたのに虫歯になってしまった……。そんな経験はありませんか?

実は、歯を磨くだけでは虫歯予防は難しいのです。大事なのは、「虫歯の原因を除去すること」と「虫歯の進行を止めること」の2つ。実践しましょう。

■虫歯の原因は「歯磨き」で除去!
歯磨きが重要なのは分かっているけど…という人には、意外と知られていないコツをご紹介しましょう。

・最も大事なのは夜の歯磨き

朝や日中が忙しい人も、夜は少し時間があるはずです。さらに虫歯は就寝中に進行しやすいので、一日の中でも夜の歯磨きには気合いを入れたいものです。すべてのプラークを夜に落とすことを心がけましょう。

・歯並びが悪い部分に注力

歯並びが悪く、歯と歯が重なっている部分は、特に虫歯の発生しやすいポイントです。出来ればデンタルフロスなどを使用して、綺麗な表面を保てるように気をつけましょう。この一手間が、虫歯の発生率をぐんと下げてくれます。

ガイドオススメの歯磨き法 >>

■虫歯が進行しにくい食生活のポイント

・間食は量ではなくて回数に注意

ごく初期の虫歯は、唾液による「再石灰化現象」で自然に修復されます。1日3食の他に間食が増えるほど、この修復作業が間に合わなくなり、虫歯の進行を後押ししてしまいます。ダラダラ食べの習慣は改善しましょう。

・就寝前の飲食は控えめに

就寝直前の飲食では、寝るまでに唾液による自然修復が間に合いません。さらに就寝中は虫歯が最も進む時間帯です。これは眠っている間は、唾液があまり出ないためです。就寝前の飲食は、虫歯に格好のごちそうを残してしまうことになりますので、できるだけ控えましょう。

残念ながら、間食のたびにすぐに歯を磨いても、虫歯リスクは下げられません。やみくもに歯磨きの回数だけで予防を考えるのではなく、規則正しい食生活をキープし、唾液による歯の修復作業をしっかり行なうといった、2つのアプローチで虫歯予防を考えるようにしましょう。

ここまでできれば虫歯についての知識はカンペキです!
歯の健康にますます興味が沸いてきた人には、ガイドオススメのケアアイテムもご紹介します。ぜひご覧ください。

虫歯予防の定番アイテム・ケアグッズ >>

「オーラルケアシリーズ」シリーズの記事一覧へ

口臭・オーラルケア
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項