虫歯の痛みを和らげる方法ってあるの?

歯を磨く少年

長期休みに入ると歯医者さんも休診の場合が高いです。長期休みや旅行前は特に、早めの対処をおすすめします

歯医者では、「急に痛くなったので、とりあえず何とか応急処置をしてください!」といった相談を受けることがよくあります。 しかし厳しいようですが、ひどく痛むようなケースの場合、応急処置程度の治療では、完全に痛みをとるのは難しいのが現実です。

何とか痛みを和らげたい場合に自分でできる対処法と、病院で行う応急処置法をご紹介します。

自分でできる歯の痛み対処法

それでも痛い場所を何とかしたいといった場合は、 以下のことに注意して生活しましょう。

■まずは歯磨きをしっかり行なう
口の中を清潔に保つために、まずは歯磨きをしっかり行ないましょう。その後、うがい薬などを口に含み、痛む歯の周囲を行き渡らせてみましょう。

■市販の痛み止めを利用する
歯の痛みの場合、薬を利用することは痛みを少し和らげることが目的です。完全に痛みを抑えることは難しいので、むやみに用法・用量を増やすことは止めましょう。

■痛い場所では極力噛まない
痛くなる場所は、普段よく噛めていた場所だったりすることがあるので、食事などでは極力その部分で噛まないように注意しましょう。

詰め物や差し歯が取れたらどうする? 歯科で行う応急処置

ちなみに歯科でよく行う応急処置は、以下の通りです。

■詰め物が取れた場合
詰め物が取れて歯に穴が開いてしまった場合。比較的小さな虫歯の穴などは、歯の神経を鎮静させるための薬を詰めて、一時的に穴を塞ぎます。水がしみる程度であれば一時的に改善します。

■差し歯が取れた場合
差し歯が取れた場合、歯が割れてしまっていることも多く、戻してもすぐ取れることがあります。この場合は差し歯が外れてしまった歯は抜かなければなりません。ただし、接着剤の役目をしているセメントの劣化が原因であれば、再び付けなおすことは可能です。

■歯がひどく痛む場合
咬み合わせを調整したり、鎮痛剤を処方します。しかし短時間の効果は期待できても、持続的に痛みを抑えることが難しいこともあります。いずれにしても早めに歯の神経を抜いたり、歯の根の内部の治療など、本格的な治療が必要なこともあります。

応急処置が必要になる前の受診が第一

基本的にはサインが繰り返される期間に、一度病院に行きましょう。強い歯の痛みは、突然起こることはほとんどありません。虫歯は違和感や軽い痛みのある状態と、痛みのない状態を繰り返した結果、悪化してしまうことがほとんどなのです。早めの治療を求めるサインを放置してはいけません。

緊急性が高い場合や痛くてガマンできない場合は、処置をしてもらえることもありますが、ギリギリまで我慢すると、すぐに何とかして欲しいのに、予約で待たされる場合もあります。早めにかかりつけの歯医者さんに相談してみるとよいでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項