症状の原因は、意識が低いVDT作業

VDT症候群
知らないうちに悪い作業のクセがついていませんか? 肩こり・目の疲れの悪化の原因にもなります
VDT作業(主にパソコンワーク)による健康トラブルの総称です。たとえば一般的な症状として、目の疲れ、肩こり、頭痛、腰痛、腕や手首の痛みなどがあります。こうしたいわゆる「パソコン病」は、程度の差はあれ、パソコンワーカーの共通の悩みとなり、社会問題にもなりつつあります。

 

VDT症候群のメカニズム

目・肩・腰などへの負担が大きい作業性質であるVDT作業は、長時間同じ座ったままの姿勢で、モニター画面を注視し、キーボードやマウスを操作する拘束的な作業です。その結果、眼や上半身の疲労を招きやすくなってしまいます。

たとえば、目の長時間の酷使により、眼精疲労やドライアイが関係することがあります。キーボードのタイピングにより、腕や手首の痛みや手指のしびれが起こります。椅子に長時間座ったままでいると、腰痛などの要因にもなりえます。また、操作をしながら、情報処理スピードや高度な判断を要求されるので、精神的な疲労も招きやすくなります。
 
それらの疲れや不快感を、病気や損傷に発展させないために、適切なVDT作業方法を知り、作業環境を作っていくことが大切です。パソコンワーカーも、日々自主的にできる予防方法や解消方法を身につけて、より快適で、効率のよい作業をしたいものです。

眼科検索

参考サイト:
・厚生労働省 『新VDT作業ガイドライン』
・デジタルヘルスセンター(オフィスのバーチャル保健室)
参天製薬「VDT症候群」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項