肥満・メタボを防ぐ生活のコツとは?

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/0/1/5/9/6/himan33.jpg
毎日体重を測って体重コントロールを!
肥満・メタボリック解消や予防のためには、生活習慣を改善していくことが何より大切。食習慣と運動習慣を見直してみましょう。どのような生活習慣がよいのか、ポイントをまとめてみました。

■食習慣
食習慣は、肥満・メタボリックの大きな要因。忙しい毎日で、なかなか改善できない場合もあるとは思いますが、出来ることから始めてみてください。

・腹8分目でバランスよく食べる
摂取エネルギーを控えることが第一。揚げ物を減らしたり、間食を減らします。栄養バランスをよくするには、いろいろな食品を食べること。不足しがち野菜を積極的に摂るようにしましょう。ラーメンや丼物など、単品に偏らないように! 和定食が理想の形。

・ゆっくり噛んで食べよう
早食いだと、満腹感を覚える前に食べ終わってしまうので要注意! ゆっくりよく噛んで食べるように心がけましょう。

・油濃いものは控えめに
揚げ物や油濃いものは高カロリー。ドレッシングやマヨネーズにも注意して。肉より魚がおすすめ。

・お酒はほどほどに
適度の飲酒はHDLコレステロールを上げるといわれます。1日1合で週2回は休肝日を摂りましょう。お酒を飲むときは、おつまみが高脂肪・高エネルギーになりがちなので要注意!

■運動習慣
食習慣の改善とともに、運動をすることで、メタボリック解消の近道に! 運動には、肥満解消や老化防止、ストレス発散などのいろいろな効果があります。自分に合った運動方法を見つけてください!

・なるべく歩くようにしましょう!
短い距離でも乗り物を使ったり、エレベーターを使ったりと現代人は歩くことが少なくなりがち。休みの日は外に出かけて体を動かしましょう。歩くことは、自分のからだ一つで出来るとっても簡単な運動。脂肪を燃やしやすい有酸素運動でもあります。理想は1日1万歩ですが、最低でも8000歩を目標に! 目安は10分で1000歩です。

・自宅で筋力トレーニングを
有酸素運動に加えて、筋力トレーニングをするのが効果的。スクワット、踵上げ、腹筋などを10~20回程度行うのがよいでしょう。

このほか、過度のストレスも生活習慣病に影響があることが分かっています。ストレスを上手にコントロールする方法をみつけましょう。


次はダイエットに効く食べ物をチェックしてみましょう。
  ⇒ダイエット食品・ダイエットレシピ >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。