介助がラクチンな「足湯」。男女の別なく、家族みんなで会話が楽しめるのもいいですね。
肌を撫でる秋風が心地よい季節になりました。こんなシーズンには、ぜひお年寄りと一緒に小旅行に出たいものですね。

でも、介助が必要な方の場合、普通の温泉はちょっと・・・・・・と二の足を踏んでしまうことも多いのでは。そんなとき、利用したいのが「足湯」。足をつけるだけなので、介助も楽ちん。なにより、家族全員で楽しめるところがイイ! 「敬老の日」にも、おすすめです。


むくみが消える! ガン予防できる!意外な足湯効果

じつは足湯には意外な健康効果があります。体の老廃物は通常、尿によって体外へ排出されますが、血液循環が悪いと、体内にたまりがち。代謝の悪いお年よりはとくにこうした傾向があります。

老廃物が足にたまると、足はむくんでしまい、やがては静脈瘤や静脈炎、歩行困難症が起こります。最悪の場合は脳梗塞や心筋梗塞につながることにもなりかねません。これらの病気を予防するには、足を温め、血液循環をよくするのが一番! 足湯はまさにうってつけ、というわけです。

足湯の効能はもうひとつあります。それは「免疫機能のアップ」。ある実験で、20分間の足湯の後、血液の状態を調べたところ、10人中7人で、白血球の一種「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が活性化していることが判明しました。NK細胞は、がん細胞などを破壊するとともに、腫瘍の発生を抑える働きを持つといわれていいます。

足湯を楽しんで健康になれば、これから肌寒くなる季節も元気に乗り切れそうですね。

次のページでは知って得する足湯の入り方をご紹介します!