女性に多い!痔のお薬

早めに治療するようにしましょう。
Q:最近、お尻が切れてしまったようで、トイレに行くたびに痛みます。痔だと思いますが、薬局ではどのような薬があるのでしょうか。

A:そうですか。それは、つらいですね。薬局での痔の薬には、軟膏や液状の塗り薬(内部に疾患がある場合は挿入)や坐薬といった外用の薬と、錠剤や顆粒状になった飲み薬があります。
痔にもいろいろな種類がありますので、症状を薬剤師に相談してから購入することをお勧めします。

ただ、化膿がひどい場合など症状が激しい場合や、市販の痔の薬を使っても症状に変化が見られなかったり悪化した場合は、医療機関を受診してくださいね。

痔の薬について

まず、外用薬は、患部のかゆみ、痛み、腫れ、炎症に直接に塗ったり、肛門内部に注入するように使います。また、市販の内服薬は、止血作用や、血管増強作用(毛細血管)、抗炎症作用、弱い下剤成分が含まれるものなどがありますが、単独よりも外用薬と一緒に補助的に使います。

なお、外用薬の使用前後は、手を清潔にしてから使うようにしましょう。また、ステロイド剤などを塗った際は、使用後も手を洗うなど薬を手から取り去るようにしましょう。

>>次のページでは、痔の薬とその注意についてご紹介します!>>