今年注目の風邪薬(1日3回)

さて、1日2回タイプに引き続き、1日3回タイプをご紹介いたします。

今回ご紹介する1日3回のタイプの特徴は、薬局で売られている風邪薬の中でも、成分の種類が多かったり、含有量が薬局で売ることのできる最大量含まれている商品です。

忙しくて病院にいくことができない、休めないなど、忙しい方にお勧めです。それではご紹介します!

※15歳以上から服用できる薬になりますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、保管に十分気をつけてくださいね。

ルルアタックIB(第一三共ヘルスケア(株))

ルルアタックIBは15歳以上から服用できます
ルルアタックIBは1日3回の錠剤タイプのかぜ薬です。のどの痛みと熱を中心に効果があります。キャッチコピーが「休めないあなたに」とあるように、効果の高い処方と眠くならない成分が特徴です。
注意)こちらの薬は15歳以上から飲むことができます。

・イブプロフェン(450mg):熱を下げ、のどや関節、頭痛などの痛みを緩和します
・塩酸ブロムヘキシン(12mg):咳の原因の一つとなるたんを出しやすくします
・フマル酸クレマスチン(1.34mg):かぜのアレルギー症状(鼻水、くしゃみ)を抑えます
・リン酸ジヒドロコデイン(22mg):せき中枢に作用し、咳を鎮めます
・dl-塩酸メチルエフェドリン(60mg):気管支を広げ、咳を鎮めます
・無髄カフェイン(75mg):頭痛をやわらげます

ルルアタックIBのブランド担当者からのコメントは・・・
ルルアタックIBは、風邪の三大症状の熱、のど、鼻に効果の高い成分と、量を含んだ製品です。病院に行く時間のないビジネスパーソンなど、忙しい方に是非使っていただきたい薬です。

そうですね。これまで、ルルのイメージは優しい感じがありましたが、ルルアタックIBは、パッケージからして効き目が強そうな感じがありますね。

>>次のページでは、「パブロンエース顆粒」(大正製薬)のご紹介です>>