治療法

お薬があります!

=お薬=
皮膚科を受診して早めにお薬で治療しましょうね。内服、外用薬がありますが、症状がひどければ入院して点滴することもあります。
ただし、これは症状を抑えるだけで、体の中のヘルペスウイルスをなくすことはできません。

=痛みが残ったら=
麻酔科などで神経ブロックなどを行うこともあります。

=体を休める=
でも、前のページでご説明したように、ヘルペスウイルスは体のなかにずっと潜んでいたものです。帯状疱疹がでてしまうということは体が疲れてしまっている証拠!ゆっくり体を休ませてあげてくださいね。

帯状疱疹は大人の10~20%がかかるともいわれています。なってしまったら早めに治療!そしてゆっくりやすんで下さいね。

帯状疱疹が出た皮膚の症例画像などは、こちらの記事をご覧下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項