糖尿病/糖尿病の経口薬・インスリン

低血糖とブドウ糖の賞味期限(2ページ目)

低血糖という言葉はよく聞きますが、経口剤やインスリンを使わない人には未体験ゾーンですね。低血糖の時にはブドウ糖を5~10g服用するのが一般的ですが、ブドウ糖には賞味期限がありますよ。

執筆者:河合 勝幸

低血糖の症状とは

インスリンはもとより、SU剤使用でも低血糖はいつでも起こり得ますからご注意を。

血糖値が急速に降下すると交感神経や中枢神経からこのようなアラームが発せられます。

  • 交感神経刺激症状:発汗、不安感、動悸、頻脈、手のふるえ、顔が青くなるetc

  • 中枢神経症状:頭痛、目のかすみ、空腹感、生あくびetc

私は就寝中に異様にはっきりと目が覚める時は血糖が下がっていると判断します。普段でも思考力が落ちて結論が出せない時や、妙にイライラする時も低血糖を疑うようにしています。そのため、外出の時は必ずブドウ糖をポケットに入れますし、自動車の小物入れにも入っています。それ程使うことはありませんが、私はインスリンを1日8回打ちというマニアックな方法でA1C 5.6%を無理なく実現しているので備えが必要なのです。

低血糖の心得は「絶対に我慢しない」ことです。少し時間が経てば低血糖が回復するのか、血糖が50mg/dl以下になって危険になるのかまったく分かりません。

異常を感じたらブドウ糖10gを口にして15分待つのです。それでも回復しなかったらもう一度10gのブドウ糖を取ります。あわててケーキなどを食べすぎると低血糖と高血糖の乱高下を起しますよ。

関連リンク
  • 『低血糖』と『知能指数』
    from All About[糖尿病]
  • 【編集部からのお知らせ】
    ・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

    ※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
    ※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
    • 前のページへ
    • 1
    • 2
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項

    あわせて読みたい

    あなたにオススメ

      表示について

      カテゴリー一覧

      All Aboutサービス・メディア

      All About公式SNS
      日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
      公式SNS一覧
      © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます