何一つ健康に悪いことをしていないのに、ある日突然「残念ながら1型糖尿病です。これからの人生を大切に……」なんて言われたら、目の前が真っ暗になります。でも、Never Give Up! 自分の夢を諦めることはありません。


トリノ大会でもスーパー1型が活躍

荒川静香の女子フィギュア金メダルで、やっと胸のつかえがおりた冬季オリンピックですが、このトリノ大会でもスーパー1型糖尿病スキーヤーが大活躍していました。
なんと、ゴールと共に肩で息をしながら倒れ込んでしまう、あのクロスカントリーの選手です。アメリカチームがメダルを託したクリス・フリーマン(Kris Freeman)がその人です。

2003年の世界選手権大会で15kmクロスカントリーで4位に入賞して、アメリカに20年ぶりのベスト記録をもたらしました。トリノでは25歳ですが、20歳の時に1型を発症しています。

15kmでは今大会もソルトレークと同じ22位でしたが、40kmリレーでは第1走者として出場して、先頭から僅か10秒遅れのトップグループで次の走者にタッチしました。結局、アメリカチームは12位に沈んでしまいましたが、クリス・フリーマンは立派に責任を果したのです。

フリーマンはこの日のリレーの前に10回も血糖測定をしたと言っていますが、インスリン注射は1回のみでした。ハードトレーニングですから、1日に10回もインスリン注射をすることもあるそうです。
食事はオートミール、フルーツ、肉類、野菜が主になります。オート麦は高タンパク、高水溶性ファイバーですから理想的な穀物ですね。

スキー選手を支えているのはほとんどがスポーツ用具メーカーですが、この異色のスキーヤーはインスリンメーカーのElly Lilly(イーライ・リリー)とジョンソン&ジョンソン(血糖測定器:ライフスキャンも商品の一つ)、オーストリアのスキーメーカーFischerがスポンサーについていました。


大リーグのサウスポーもスーパー1型

トリノだけではありません。スーパー1型は、球界でも活躍しています。

ジェイソン・ジョンソン投手の足元がふらつくのを見たコーチが、上衣にコーラを隠し持ってマウンドに近づきます。内野手も駆け寄ってジョンソンを輪のように取り巻きます。

打ち合わせをしているように見えますが、人垣の中ではジョンソンがレギュラーコーラを飲んでいたのです。低血糖でした。そして数分後にまた150kmの速球が戻りました。ジョンソンがまだマイナーリーグのシングルAにいた頃のシーンです。

クリーブランド インディアンズの現役メジャー、ジェイソン・ジョンソン投手は11歳の時に1型糖尿病を発症していたのです。しかし、彼は大リーガーになる夢をかなえました。右投げ右打ち。151kmの速球とスライダーが武器です。


そして、阪神タイガース 岩田稔

今年、阪神タイガースに入団した岩田稔投手も1型糖尿病を持っています。それは、高校2年生だった、2001年の冬の出来事でしたが、never give up!の闘志で、見事に阪神からドラフト指名を受けることができました。
同じ障害を持つ子供たちの歓声が、マウンド上のサウスポー・岩田稔に届くとうれしいですね。

岩田稔 プロフィール
  • 1983年10月31日生れ。大阪府出身。大阪桐蔭高校卒、関西大学卒。 151kmのストレートを誇る左腕投手。

    ところで、岩田選手が1型を発症して「もう野球が続けられない」と絶望していた時、同じ1型ながらエアロビクス選手としてユースエアロビクスのワールドチャンピオンにもなった、大村詠一選手との出会いがありました。

    この両君のインタビューがイーライリリーのサイトに載っています。
    糖尿病とのつきあい方、将来の希望などのメッセージがあります。
    すてきなビデオインタビューですよ。ぜひ、ご覧ください。

    ところで、シンシナティ・レッズやニューヨーク・ヤンキースでプレーをしていたビル・ガリクソン投手を覚えていますか?
    1988年、1989年の2年間、日本の読売ジャイアンツにも在籍してましたね。メジャーで通算162勝も上げたピッチャーですが、やはり彼も1型糖尿病と闘っていました。社会的貢献をした1型糖尿病者を表彰するため、日本糖尿病協会が制定した「ガリクソン賞」にその名を冠されています。

    エアロビックの大村詠一選手も2002年に同賞を授賞しています。
    阪神タイガース、岩田稔投手の名前が、先輩ビル・ガリクソンと並ぶのが楽しみです。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項