福岡のIVF詠田クリニックの詠田先生のご紹介で九州初(おそらく日本でも初めて)の男性不妊専門の泌尿器科クリニックの「天神つじクリニック」の辻院長に取材をさせて頂きました。そして突然の取材にも関わらず、快く応じて頂きました。

先日より男性不妊の特集をオールアバウトでも行なっておりますが、その注目度があがっていることをひしひしと感じる今日この頃です。私を含め、男性が気になる部分の質問も行いましたので是非、ご覧下さい。
PCO
辻院長です。見た目はNHK大河ドラマの弁慶ですが、気さくでギャグ好きな先生です。

Q)開業のきっかけを教えてください。

A)福岡大学で泌尿器科医として働いていたのですが、詠田先生と組んで不妊についての治療を行なっていました。女性は詠田先生、男性は私の担当ということです。

男性不妊症は、大病院でなくても診断から治療まで責任をもって仕事が出来るのでやりがいがあり、開業したら専門にしたいと思っていました。それに、顕微鏡下手術(マイクロサージェリー)の腕も活かせますしね。とにかく開業したら人の役に立ちたかったので、今でもますます魅力を感じています。

Q)最近、男性不妊が増えていると言われていますが、先生の印象はいかがですか?

A)う~ん、確かに精子の数は減ってきているようですね。とくに大都市部で著しいことから、環境ホルモンとかストレスとか原因がいわれています。でも、一番大きいのは子供を作りたいと思う年齢が昔にくらべて高くなっているのではないでしょうか。
PCO
診察室横のボード。患者さんに解説しやすいように色々な図が用意されている。


Q)男性不妊の場合、受診を嫌がる患者さんが多いと聞きますが、いかがですか?

A)はい、男性は子供を作るのに自分が病院に行かなきゃならないなんて思ってませんから、なかなか受診までに時間がかかります。最近は結婚年齢が上がっているので、それだけで受診年齢が高くなっていますが、年齢が高いほど偏った性知識や間違った男のプライドがあり、それがまた受診までの期間を長くしているようです。どういう診察をされるのかわからないので不安な面もあるようです。痛いんじゃないかって(笑)。

そして多くの場合、女性が先に婦人科を受診して、いろいろ調べられたあげく夫の方に問題があるんじゃないかと紹介されてきます。まだまだ子作りも子育ても女性主導ということなんですね。 ただ、若い方達は違ってきています。インターネットで調べて、まず自分から調べて欲しいという男性も増えていますし、ご夫婦同時に検査を始められる場合も多くなっています。

私としては、男性の不妊検査は痛いことなんかひとつもないんで、まずご主人から受診されたらと思うんですけどねぇ。

★関連リンク
天神つじクリニック