がん克服のポイントは、早期発見、早期治療

がんの早期発見
がんの治療においては、早期発見、早期治療が何よりも大切であり、この考え方が、がん検診の有用性を支える根幹になります。
がんの治療に大切なのは、早期発見と早期治療である。この概念は、近年、徐々に広まりつつあると思います。

最近、がん検診の有力な手段として注目を集めているPETも、まさに、この早期発見の切り札とも言える検査です。

また、いろいろな最新機器を取りそろえて、がんの早期発見を呼びかける検診センターも増えていますし、都心部ではホテルに宿泊するようなちょっとリッチながん検診コースなどもあります。

自分で発見できるがんがある!?

自分で発見できるがん
がんの早期発見は、最新の機器と医師による診察が大切な場合が多いですが、実は、自分で早期発見が可能ながんもあるのです。
確かに、がん検診は医師が行いますし、医師の詳細な診察と正確な診断が、早期発見、早期治療に有効であることは間違いありません。

また、それと同時に、からだへの負担が少なく、小さい異常も見逃さない検査法は年々進歩しています。

以前は、とても太かった胃カメラも、ここ数年、かなり細くなりましたし、口からではなく鼻から挿入する経鼻胃内視鏡検査が一般的になりつつあります。また、前立腺がんの早期発見にPSAという腫瘍マーカーが用いられるように、血液検査の守備範囲も広くなってきました。

しかし、実は、このような最新の機器を使わなくても、自分で発見できるがんがあるということは、あまり知られていません。


次のページでは、自宅で、自分で発見できるがんについてご説明します。