舌苔・歯石除去、水分補給、ブラッシングが口臭ケアのポイント

舌苔チェック!
舌の汚れが口臭の原因になることも。
次に、口臭の具体的な治療法や口臭予防について。まず、前に説明した生理的口臭のほかに、ニンニク、アルコール、喫煙などの飲食物による口臭がありますが、これら2つは病気ではありません。病的な口臭の90%以上は、歯周病、虫歯、入れ歯、ドライマウス、舌苔(ぜったい)が原因で、残りの10%は、鼻やのどの疾患、食道や胃などの消化器疾患、気管支炎などの呼吸器疾患、糖尿病などが口臭を引き起こしています。

<気になる口臭の原因物質>
・卵が腐ったような臭いの「硫化水素」
・魚臭い「メチルメルカオプタン」
・ゴミのにおいに似た「硫化ジメチル」

以上の3つが主なもので、口の粘膜や白血球のタンパク成分を口内の細菌が分解、腐敗させることが原因で発生します。口臭予防のポイントとしては、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌に付着した汚れを、口臭が気になった時に専用のブラシでこそげ落としましょう。また、口内を乾燥させてしまうと細菌が繁殖しやすいので、なるべく水を飲んだりうがいをしたりして、口の中に潤いを与えておきましょう。加齢によって、唾液の分泌量は減っていきます。薬の副作用やストレス、疲労などによっても「ドライマウス」になりがちなので、気になったら歯科医師に相談しましょう。そして、最後に虫歯や歯周病のケアを定期的に行うこと。歯科医院で歯石を取ったり、ブラッシングの指導を受けて、正しいオーラルケアの方法を身に付けましょう。


舌苔除去の注意点

歯に歯垢が付くのと同様、舌にも汚れは付きます。しかし、舌苔を気にしすぎて、歯磨きのたびにこそげ落とすのは、舌を傷める原因になります。また、歯周病菌が口内に生息している状態では意味がありません。まずは、歯科医院で、歯石の除去や虫歯の治療を先に行ってから、舌苔(ぜったい)のケアをしましょう。何事もやりすぎは禁物です。

口臭を気にするのはエチケット。でも気にしすぎて悩んでばかりじゃ、毎日がもったいない! 思いっきりしゃべって、お腹の底から笑って、楽しく自分らしく過ごすためにも、オーラルケアしてみませんか。


【 関連リンク 】
  • 口腔内の環境以外にも、内科や呼吸器科の疾患が口臭の原因になることも!
       ⇒口臭チェック(ここカラダ)
  • 素朴な疑問も解決! 歯の健康を考える。
       ⇒歯の健康・なんでもQ&A(ここカラダ)

  • 歯周病など、気になるお口の悩みは歯医者さんに相談しよう!
       ⇒病院検索(ここカラダ)
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項